やきものPLAZA For Collecters 陶芸家のやきもの 

Atelier Information  Four Seasons Pottery 山本 順子


〜ご案内〜
フォーシーズンズポタリーは、群馬県太田市で作陶を続ける山本順子氏の工房です。さまざまな釉薬や化粧を用いたスタイリッシュな作風が人気の陶芸家。また、陶芸教室(毎週3回・月1で土日も)も主宰しており、子供造形教室も人気です。

 

基本情報
工 房  Four Seasons Pottery
     (フォーシーズンズポタリー)
代 表  山本 順子(やまもと じゅんこ)
地 域  群馬県太田市
創 業  平成15年/2003年

工房の施設・サービスについて
ギャラリー・販売
工房見学/陶芸教室・体験教室・出張教室
※訪問の際には、事前にお問い合わせください。
E-mail  : potter-j@nifty.com
WebSite: Junko Yamamoto Ceramics

 

やきものについて
代表する作風や技法など
化粧・色釉(パステルトーン)
材料および使用窯など
陶器 / ロクロ成形 / 電気窯焼成
注目のポイント
数種類の化粧土やパステルトーンの釉薬を用いた作品が基本です。花器や食器の制作を主として、「陶」という世界の中で、モダンさやスタイリッシュさを追求しています。

 

作り手のご紹介
山本 順子(工房代表)
陶 歴
1974年福井県武生市生まれ。95年Roy Addisonに師事(NZ)。96年文化学院芸術専門学校陶磁科卒業後、九つ井・自家窯「陶郷」制作スタッフとして入社。96年朝日現代クラフト入選(2002年も)。98年Subigori Teraccota陶芸工房に留学(Italy)、帰国後Workshop108に所属。2003年栃木県足利市に築窯・独立。05年日本クラフト展入選、同年に現在地の群馬県太田市に築窯。11年初のニューヨーク個展開催。現在は、フォーシーズンズポタリーにおいて陶芸教室を主宰する一方、東京他、全国各地で個展中心に活動中。日本クラフト協会会員。
ご紹介
ニュージーランドやイタリアで学び、20カ国以上を巡って、自分のスタイルを確立していった山本順子氏は、古代ギリシャやエジプトの器のフォルムに惹かれると同時に、日本の「侘び」に通じる、消えゆくものの美を好み、そこに独自のモダンさやスタイリッシュさと融合させ、表現を試みています。




























情報募集

HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

『宇宙茶碗《地球》』 2011年

Vase 'The whisper of ancient trace' 2011年

作品ラインナップ(気になる作品画像をクリックしてください)




その他お問い合わせは、下記までメールをくださいますようお願いいたします。
info@yakimono-plaza.com