やきものPLAZA For Collecters 陶芸家のやきもの 

Atelier Information  土竜陶房 柳澤 正人


〜ご案内〜
瀬戸赤津の陶家・加藤春鼎氏の下で修業をし、伝統的な陶法を学んだ柳澤正人氏の陶房です。出来るだけ優しい気持ちで土に向かい、穏やかで飽きのこないやきものを作りたいと語るとおり、その作品は手に取ると温かい気持ちになります。

 

基本情報
工 房  土竜陶房(もぐら とうぼう)
代 表  柳澤 正人(やなぎさわ まさと)
地 域  茨城県龍ヶ崎市
創 業  平成3年/1991年

工房の施設・サービスについて
特になし
※訪問の際には、事前にお問い合わせください。
E-mail: info@yakimono-plaza.com

 

やきものについて
代表する作風や技法など
美濃焼:志野・織部・瀬戸黒・黄瀬戸
材料および使用窯など
陶器 / ロクロ成形 / ガス窯焼成
注目のポイント
美濃焼は美濃地方のやきものの総称です。代表的なものとしては、白の長石釉を用いた志野、緑が特徴的な織部、油揚の肌のようと称される黄瀬戸などがあげられます。これらは、赤津焼(瀬戸)の代表的な釉薬としてもあげらており、桃山以降の陶工が技術を広げていったと考えられてます。

 

作り手のご紹介
柳澤 正人(工房代表)
陶 歴
1960年群馬県生まれ。愛知県立窯業専門校卒業後、瀬戸赤津・加藤春鼎氏に師事。91年千葉県大多喜に築窯、独立。2001年茨城県龍ヶ崎市に移転。現在に至る。
ご紹介
瀬戸赤津で学んだ柳澤正人氏は、現在地で独立するまで、織部や志野、黄瀬戸など、伝統的な日本のやきものを、自分のものとし、時代に続く作陶を探求し続けています。派手な陶芸より、着実に、すぐれたやきものを作りことに心を砕いている姿勢は、そのまっすぐな心意気として器に現れています。




























情報募集

HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas
『志野茶碗』 2010年

『黄瀬戸水指』 2010年

作品ラインナップ(気になる作品画像をクリックしてください)




その他お問い合わせは、下記までメールをくださいますようお願いいたします。
info@yakimono-plaza.com