やきものPLAZA For Collecters 陶芸家のやきもの 

Atelier Information  斉藤裕子工房 斉藤 裕子


〜ご案内〜
斉藤裕子氏は自宅の横浜と陶芸教室がある相模原の二つの工房で、色絵磁器を制作しています。磁器ですが、陶器のような温かみのあるラインと色調で、花や葉をあっさりと見せていますが、実にきめ細やかな技法で描いています。

 

基本情報
工 房  斉藤裕子工房
     (さいとうゆうこ こうぼう)

代 表  斉藤 裕子(さいとう ゆうこ)
地 域  神奈川県横浜市青葉区
創 業  平成7年/1995年

工房の施設・サービスについて
陶芸教室(
神奈川県相模原市中央区 さいとうアトリエ)
※事前にお問い合わせください。
E-mail: info@yakimono-plaza.com

 

やきものについて
代表する作風や技法など
色絵磁器
材料および使用窯など
磁器 / ロクロ成形 / 電気窯焼成
注目のポイント
ロクロによる成形ですが、丁寧な削りによって、柔らかなフォルムを生み出しているのが特徴。影絵のように揺らぎある下絵付けと、本焼後の色絵付けで、絵に厚みを持たせています。葉や花びらなど、筆で盛るように絵付けしていますので、シンプルな絵の中に一枚一枚に表情があり、多彩です。

 

作り手のご紹介
斉藤 裕子(工房代表)
陶 歴
神奈川県生まれ。1993年東京藝術大学工芸科卒業後、日仏陶芸家文化交流会にてフランス研修へ。94年伝統工芸新作展(現在は東日本伝統工芸展に呼称変更)に初入選(以降97,2000-05,09,11年も)。95年に東京藝術大学大学院陶芸専攻修了、同年に神奈川県相模原市に築窯・独立。1997年より日本橋三越にて彩女会作陶展に出品(以降毎年出品)。同年日本伝統工芸展初入選。2005年現在地・神奈川県横浜市に移転。現在は日本工芸会準会員。個展中心に活動中。
ご紹介
斉藤裕子氏の絵付作品は、すべて"器として使うこと"を意識して、描き込みすぎず、料理が盛られて完成する美しさを持っています。磁器ですが、陶器のような柔らかいフォルムと程よい厚みが手に馴染み、使いやすいです。




























情報募集

HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

『葉文鉢』
『葉文大皿』

作品ラインナップ(気になる作品画像をクリックしてください)




その他お問い合わせは、下記までメールをくださいますようお願いいたします。
info@yakimono-plaza.com