やきものPLAZA Exhibition & Event やきもの展覧会・イベント 

全国の陶芸関連公募展リスト

プロアマ問わず、陶芸を志す人にとっての登竜門。陶芸専門から美術工芸全般の分野に至るまで、全国で様々な公募展が開催されてみます。ぜひ挑戦してみてください。

*比較的有名なものをピックアップしています。なお、作品展スケジュールは別ページを参照してください。
*表は前年度を目安に一覧にしています。主催者側の都合で、休止などの変更がある場合があります。

2016年10月19日更新















情報募集

HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

全国規模の陶芸専門の公募展

日本陶芸展  【隔年】伝統/自由造形/実用
会派や団体にとらわれない全国規模の公募展。公募部門と招待作家部門があり、現代陶芸の新人と第一線の動向が分かる展覧会でもあります。
応募資格 不問(個人・団体ともに可、国籍も不問)
募集作品 未発表の自己制作作品
・伝統部門  :伝統を踏まえた創作作品
・自由造形部門:用途にとらわれない自由な造形の作品
・実用部門  :民芸・クラフト・プロダクトなど用途を持つ実用的な陶磁器
日  程 次回は第24回 
・作品募集:2016/12/01〜28に出品料振込、2017/01/06〜16輸送搬入 or 01/21〜22持参搬入
・作品展 :2017/04/06〜11大丸東京店、他大阪、茨城、福岡に巡回予定
主  催 毎日新聞社 http://www.mainichi.co.jp/
菊池ビエンナーレ  【隔年】陶磁器作品全般
陶芸界の新たなる展開を探ることを目的に、全国から作品を公募し、優れた作品を展示。
応募資格 陶芸における創作活動を行う方
募集作品 未発表の自己制作作品(制作1年以内)
日  程 次回は第7回
・作品募集:2017/06/30応募用紙・作品画像データ必着
・作品展 :2017年12月中旬〜2018年3月中旬 菊池寛実記念 智美術館(東京)
主  催 (財)菊池美術財団 http://www.musee-tomo.or.jp/biennale.html
神戸ビエンナーレ 現代陶芸コンペティション  【隔年】陶磁器作品全般
現代アートから伝統芸術まで多種多様な芸術文化の祭典「神戸ビエンナーレ」の一環として開催される、現代陶芸コンペティション。毎回テーマがあります。
応募資格 不問(個人・団体ともに可、国籍も不問、ただし国内居住者に限定)
募集作品 未発表の自己制作作品(共同制作も可)
・第6回テーマ:未定
日  程 次回は第6回
・作品募集:2017年5月頃に応募締切予定
・作品展 :2017年7月頃から兵庫陶芸美術館他で開催予定
主  催 神戸ビエンナーレ組織員会 http://www.kobe-biennale.jp/
国際陶磁器展美濃 国際陶磁器コンペティション  【3年おき】陶磁器デザイン/陶芸
美濃焼を世界に発信し、磁器産業の活性化を目的とした「国際陶磁器フェスティバル美濃」の一環として開催される国際的なコンペティション。既成概念にとらわれない、自由な発想の陶磁器作品を募集。
応募資格 不問(個人・団体ともに可、国籍も不問)
募集作品 新たに創作した未発表の作品
日  程 次回は第11回
・作品募集:2016/11/01〜2017/01/10応募受付
・作品展 :2017/09/15(金)〜 10/22(日) セラミックパークMINO(岐阜)
主  催 国際陶磁器フェスティバル美濃実行委員会 http://www.icfmino.com/
ビエンナーレ 西日本陶芸美術展  【隔年】西日本陶芸大賞部門/用の美・実用陶磁器部門
人間国宝・中島宏氏をはじめ、現在の陶芸界をリードする作家を多く輩出するなど、西日本で最大規模の公募展。九州・山口・沖縄の地域発展を目指した公募展でしたが、第30回より全国公募展になりました。
応募資格 日本国内在住者(年齢・国籍不問)
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第31回(2017年)
・作品募集:2017年1月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年3月頃
主  催 西日本陶芸美術展事務局(西日本新聞)http://www.nishinippon.co.jp/event/togeibi/
長三賞常滑陶芸展  【隔年】伝統/自由造形
常滑市名誉市民(故)伊奈長三郎氏(INAX創業者)が陶芸進行のために寄贈した基金により運営される、常滑市で開催される陶芸の全国公募展。
応募資格 不問(国籍も不問)
募集作品 未発表の自己制作作品(共同制作も可)
日  程 次回は第33回
・作品募集:2017年8月下旬頃に応募受付予定
・作品展 :2017年秋〜冬頃にドームやきものワールド他で開催予定
主  催 常滑市 http://www.city.tokoname.aichi.jp/ctg/C49/49.html
有田国際陶磁展  【毎年】美術工芸品・オブジェ/産業陶磁器
佐賀県有田町において、陶磁器の美術工芸品・オブジェや産業陶磁器を集め、伝統工芸の継承と産業的発展を目的に開催。2013年からは全国からの公募に変更。2016年からは九州山口陶磁展から名称変更。
応募資格 日本国内在住者(年齢、国籍不問)
募集作品 未発表の自己制作作品(磁器・陶器・土器製品)
日  程 次回は第114回
・作品募集:2017年4月頃に応募受付予定
・作品展 :2017月ゴールデンウィーク頃に県立九州陶磁文化館他で開催予定
主  催 九州山口陶磁展事務局 http://www.town.arita.lg.jp/main/120.html
陶美展  【毎年】陶磁器作品全般
人間国宝を筆頭に、全国の陶芸家たちが主導する日本陶芸美術協会が主催する公募展。「多様な傾向の現代陶芸の全体像を展示する」ことを目指し、真摯に作家と作品が競う場として注目されています。
応募資格 不問
募集作品 未発表の自己制作作品で販売可能なもの
日  程 次回は第5回
・作品募集:2017年10月頃に応募締切予定
・作品展 :2018年1月頃に日本橋髙島屋で開催予定
主  催 日本陶芸美術協会 http://toubiten.jp/
瀬戸・藤四郎トリエンナーレ  【3年ごと】陶器作品全般(ただし採集した原土以外は不可)
瀬戸市内の陶土採掘場で、"自ら土を採集し""自ら採集した土で粘土をつくり""自らその粘土で制作する"、世界で唯一の同じ素材で競う公募展。
応募資格 不問(個人・団体ともに可、国籍も不問)
※原土採集・搬出、作品搬入・搬出が可能な方に限る。
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
※主催者が指定した日時・場所で採集した原土以外の使用は不可。
日  程 次回は第3回
・参加応募:2018年7月頃に応募締切予定
・原土採集・搬出:2018年8月頃の予定
・作品搬入:2019年3月頃の予定
・作品展 :2019年4月頃の予定
主  催 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ事務局
http://www.seto-cul.jp/business/triennale.html
陶芸財団展  【毎年】伝統/前衛/実用食器/インテリア/茶陶/人形
陶芸家を育てる財団という理念により、人材育成や普及と芸術文化の鑑賞の場を提供するために開催。
応募資格 不問
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は2017年度
・作品募集:2017年4月頃に応募締切予定
・作品展 :2017年6月頃 国立新美術館(東京)
主  催 (財)陶芸文化振興財団 http://www.tougeizaidan.org/
全 陶 展  【毎年】陶磁器作品全般
自由で創造的な陶芸の発展を目指し、新人の育成にも力を入れている公募展。
応募資格 全陶展同人・一般
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第46回
・作品募集:2016/10/25〜31輸送搬入(出品料は10/25まで)or 11/06・08持参搬入、
・作品展 :2016/11/17〜25 東京都美術館
主  催 全陶展 http://www.zentoten.com/
新日陶展  【毎年】陶磁器作品全般
第8回より彩陶展(日本芸術協会)と新日陶展(新日本陶芸協会)を結合させた、陶芸専門の全国公募展。
応募資格 不問(プロ・アマ問わず)
募集作品 未発表の自己制作作品、他の公募展出品作は不可
日  程 次回は第17回
・作品募集:2016/12/25までに出品料振込、12/15までに輸送搬入 or 12/28持参搬入
・作品展 :2017/01/04〜09 東京都美術館
主  催 新日本陶芸協会 http://www.sn-togei.org/
北海道陶芸展  【毎年】陶磁器作品全般
北海道の内外から募集している、北海道最大規模の公募展。
応募資格 北海道陶芸協会会員・会友・一般(不問)
募集作品 未発表の自己制作作品、他の公募展出品作は不可
日  程 現在は第46回の作品募集中
・作品募集:2017年7月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年7月頃 札幌市民ギャラリー
主  催 北海道陶芸協会 http://www.hokkaidotougei.com/tougeiten.html
むさしの陶芸展  【毎年】土を素材とした陶器・磁器の焼成作品
陶芸の研鑽と地域文化向上を目的とし、明朗な審査を目指し、外部審査員による公開審査が特徴。
応募資格 北海道陶芸協会会員・会友・一般(不問)
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第15回
・作品募集:2017年4月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年4月頃
主  催 むさしの陶芸協会 http://www.musashinotougeiten.com/
女流陶芸公募展  【毎年】陶磁器作品全般(オブジェも含む)
日本最初の女性陶芸家集団。女性の陶芸界への進出を目的と、若い女性作家の登竜門として作品を募集。
応募資格 女流陶芸会員および一般作家(女性のみ)
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第50回
・作品募集:2016/11/08〜11/14応募申込、11.14までに輸送搬入 or 11/21持参搬入
・作品展 :2016/11/23〜11/29 京都市美術館
主  催 女流陶芸 http://www.w-tougei.com/
陶ひなコンテスト in 有田  【毎年】陶磁器製ひな人形
「有田雛のやきものまつり」期間中に開催される陶磁器製ひな人形のコンテスト。伝統的なものから、自由な発想による新しいものまで、独創的な「ひな人形」を広く募集。
応募資格 不問(プロ・アマ問わず)
募集作品 未発表の陶磁器(磁器・陶器・土器)製ひな人形
日  程

現在は第6回の作品募集中
・作品募集:2017/01/13までに出品料振込、01/27持参搬入 or同日の期日指定で輸送搬入
・作品展 :2017/02/04〜03/20 香蘭社「赤絵町工房」

主  催 有田観光協会「陶ひなコンテストin有田」事務局 http://www.arita.jp/



全国規模のクラフト・器限定の公募展

テーブルウェア大賞 〜やさしい食空間コンテスト 【毎年】陶磁器・漆器・ガラス器・金属食器・他
東京で開催される「テーブルウェア・フェスティバル」の一環として開催される食空間コンテスト。生活性や提案性・造形性に溢れたオリジナルの器の部門のほか、コーディネート部門もあり。
応募資格 プロまたはアマチュアから選択
募集作品 未発表の自己制作の食器作品
日  程 現在は第25回の作品募集中
・作品募集:2016/11/04までに応募申込
・作品展 :2017/01/29〜02/06 テーブルウェア・フェスティバル(東京ドーム)
主  催 テーブルウェア・フェスティバル実行委員会 
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/
めし碗グランプリ  【毎年】めし碗作品:磁器・陶器・ジュニア
長崎県波佐見町で開催される全国公募の陶芸コンテスト。日本の食文化と器文化の創造を目的に、独創的でデザイン性溢れる作品を募集。
応募資格 不問(個人・団体・法人・学校など)
募集作品 未発表の自己制作作品(制作1年以内)、他の公募展出品作は不可
日  程 次回は第12回
・作品募集:2017年7〜9月頃応募受付
・作品展 :2017年11月頃 
主  催 めし碗グランプリ実行委員会 http://meshiwangp.com/index.html
伊丹国際クラフト展  【毎年】酒器・酒盃台の年とジュエリーの年が交互
酒器・酒盃台:日本酒にこだわった、新しい発想の酒を愉しむ空間作りを提案する酒器と酒盃台の募集。
応募資格 一般・学生
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 現在は2016年展開催中
・作品募集:終了しました(次の酒器の回は2018年の予定)
・作品展 :2016/11/12(土)〜 12/25(日) 伊丹市立工芸センター(兵庫県)
主  催 伊丹市立工芸センター http://mac-itami.com/
日本クラフト展  【毎年】陶芸・ガラス・木・漆・竹・籐・金属・テキスタイル・ジュエリー
陶芸を含む幅広い分野から、暮らしに味わいをもたらすユニークなクラフトデザインを募集。創造性があり、素材および技術が的確なもの、時代のニーズ、安全性・仕様環境の配慮があるもの。
応募資格 日本クラフトデザイン協会会員・会友
一般(個人・グループまたは法人)
学生(学校法人の大学・大学院・短大・高校・高専・専門学校)
募集作品 未発表の自己制作作品、他の公募展出品作は不可
日  程 現在は第56回開催中
・作品募集:終了しました(次の第57回は2017年10月頃応募受付予定)
・作品展 :2017/01/07〜01/15 東京ミッドタウン・デザインハブ
主  催 (社)日本クラフトデザイン協会 (JCDA) http://www.craft.or.jp/
全国伝統的工芸品公募展  【毎年】伝統工芸品(毎回テーマを設定)
「くらしとともに」歩み続ける伝統工芸品の作り手に毎回テーマを設けて作品を公募。
応募資格 伝統工芸品及びこれに準じる伝統工芸品を生業とするものに限定
募集作品 伝統工芸品(技術・技法に100年以上の歴史があり、主要過程が手製)、1年以内に他の公募展出品作は不可
平成28年度のテーマは「くらしを潤すアイディアとワザ」
日  程 現在は28年度の作品募集中
・作品募集:2016/10/03〜12/01に応募申込
・作品展 :2016/12/23〜2017/01/11 伝統工芸 青山スクエア(東京)
主  催 (財)伝統的工芸品産業振興協会 http://kougeihin.jp/



全国規模の陶芸を含む美術工芸の公募展

日本伝統工芸展  【毎年】伝統工芸作品全般
文化財保護法の主旨に沿って、重要無形文化財(人間国宝)の制度と共に第1回展が開催。伝統に基づく工芸作品を選出、工芸発展に寄与が目的。
応募資格 全国の日本工芸会会員、並びに一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品(制作3年以内)
日  程 現在は第63回開催中
・作品募集:終了しました(次の第64回は2017年7月頃募集受付予定)
・作品展 :東京展(09/21〜10/03日本橋三越本店)、他全国に巡回
      →巡回情報はこちらを参照
主  催 (社)日本工芸会 http://www.nihonkogeikai.or.jp/
日本現代工芸美術展  【毎年】工芸作品全般
現代工芸界における活動を先導するという目的の下、従来的な工芸志向のものからアート志向まで、様々な素材を用いた独自性ある作品を選出。
応募資格 現代工芸美術家協会会員・会友・一般
募集作品 本展のために制作した未発表の自己制作作品、新しい自由な造形作品を希望
日  程 次回は第56回
・作品募集:2017年4月頃応募受付予定
・作品展 :2017年4月頃東京展他、全国巡回予定
主  催 (社)現代工芸美術家協会 http://www.gendaikougei.or.jp/
新匠工芸会展  【毎年】陶磁/染織/漆工/木竹工/金工/ガラス、他工芸作品
昭和22年に旧国画会工芸部を退会した富本憲吉を中心にして発足。創作工芸の公募団体として、新人の発見および後進の育成が目的。
応募資格 不問
募集作品 現代に即した、未発表・自己制作の工芸作品
日  程 現在は第71回開催中
・作品募集:終了しました(次の第72回は2017年10月頃に応募受付予定)
・作品展 :東京展(10/22〜28東京都美術館)、京都展(11/02〜11/06京都市美術館)
主  催 新匠工芸会 http://www.shinsyoukougeikai.jp/
日本新工芸展  【毎年】工芸作品全般
現代にふさわしい生活造形の確立を目指し、表現上の造形美に追求過ぎない美と生活の調和がテーマ。
応募資格 日本新工芸家連盟会員・一般
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第39回
・作品募集:2017年4月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年5月頃東京展他、全国巡回予定
主  催 (社)日本新工芸家連盟 http://www.nihon-shinkogei.or.jp/
日 展(日本美術展覧会)  【毎年】日本画/洋画/彫刻/工芸美術/書
近代日本美術の発展を目的に、明治40年に第1回文部省美術展覧会(文展)を開催。以後、帝展、新文展、日展と名称変更。100年以上の歴史を誇る国内最大の美術展。
応募資格 不問
募集作品 未発表の自己制作作品(制作5年以内)、他の公募展出品作は不可
日  程 現在は改組第3回開催中
・作品募集:終了しました(次の第4回は2017年10月頃に応募受付予定)
・作品展 :東京展(10/28〜12/04国立新美術館)他、全国各地に巡回予定
      →巡回情報はこちらを参照
主  催 (社)日展 http://www.nitten.or.jp/
国 展  【毎年】絵画/版画/彫刻/工芸/写真
文展から自由な制作と発表の場を求めて、京都で大正7年に発足。「創作の自由」をモットーに、個性を重視した総合美術団体による、国内最大級の公募展。
応募資格 不問
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第91回
・作品募集:事前に出品票を入手の上、2017/04/23〜24持参搬入
・作品展 :東京展(2017/05/30〜05/15国立新美術館)他、全国各地に巡回予定
      →巡回情報はこちらを参照
主  催 国画会 http://www.kokuten.com/
京 展  【毎年】日本画/洋画/彫刻/工芸/書/版画
戦前の市展を引き継ぎ、70年以上の歴史ある全国公募の美術展。全展公募形式。
応募資格 不問
募集作品 未発表の自己制作作品、他の公募展出品作は不可
日  程 次回は2016年度(会期は2017年)
・作品募集:2017年2月頃に応募受付予定
・作品展 :2017/03/07〜03/23 京都市美術館
主  催 京都市 http://www.city.kyoto.lg.jp/
創 造 展  【毎年】洋画(水彩・版画を含む)/日本画/染織画/彫刻/陶芸
オリジナルな芸術創作のための、自由で活動的な研鑽の場を作る事が目的。特に新人に対して大きく門戸を開いています。
応募資格 創造美術会会員・一般(プロ・アマ問わず)
募集作品 未発表の自己制作作品
日  程 次回は第70回
・作品募集:2017年5月頃に応募受付予定
・作品展 :2017/05/20〜05/27 東京都立美術館
主  催 創造美術会 http://www.souzouten.org/
 



地域限定の陶芸・美術工芸の公募展

田部美術館大賞 茶の湯の造形展  【毎年】茶陶作品
新しい茶の湯道具を追求した陶芸作品の公募展。関西・中国エリアの陶芸作家の登竜門として著名。
応募資格 岡山県•広島県•山口県•鳥取県•島根県•兵庫県•香川県•愛媛県•徳島県•高知県に在住の陶芸家(アマチュアは不可)
募集作品 未発表の自己制作の茶道具作品
日  程 次回は第34回
・作品募集:2017年2月頃応募受付予定
・作品展 :2017年5月頃 田部美術館
主  催 田部美術館 http://www.tanabe-museum.or.jp/index.html
東日本伝統工芸展  【毎年】伝統工芸作品全般
伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。以前の新作工芸展から呼称変更。
応募資格 日本工芸会東日本支部の会員、並びに北海道・東北・関東甲信越に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第57回
・作品募集:2017年2月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年4月頃 日本橋三越本店、他
主  催 日本工芸会東日本支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
東海伝統工芸展  【毎年】伝統工芸作品全般
東海地域の伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会東海支部の会員、並びに愛知・岐阜・三重・静岡に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第48回
・作品募集:2017年3月頃に応募受付予定
・作品展 :名古屋展(2017年4月頃 丸栄)他、岐阜に巡回予定
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
日本伝統工芸近畿展  【毎年】伝統工芸作品全般
近畿エリアの伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会近畿支部の会員、並びに滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪・兵庫に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第46回
・作品募集:2017年2月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年5月頃 大阪展他、京都に巡回予定
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
日本伝統工芸富山展  【毎年】伝統工芸作品全般
富山県内の伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会富山支部の会員、並びに県内在住の一般作家、県外日本工芸会正会員の賛助作品
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第56回
・作品募集:2017年4月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年5月頃 高岡市美術館
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
石川の伝統工芸展  【毎年】伝統工芸作品全般
石川県の伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会石川支部の会員、並びに石川・福井に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第58回
・作品募集:2017年5月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年6月頃 めいてつエムザ
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
日本伝統工芸中国支部展  【毎年】伝統工芸作品全般
中国エリアの伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会中国支部の会員、並びに岡山・広島・鳥取・島根に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第60回
・作品募集:2017年3月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年5月頃 天満屋岡山店、他巡回予定
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
伝統工芸四国展  【毎年】伝統工芸作品全般
四国エリアの伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会四国支部の会員、並びに香川・愛媛・徳島・高知に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 現在は第59回開催中
・作品募集:2016年9月頃に応募受付予定
・作品展 :10/25〜10/30 高松三越
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
西部伝統工芸展  【毎年】伝統工芸作品全般
九州エリアを中心として、伝統工芸の保存と発展のため、現代の感性にあった、次世代につながる作品の創作が目的。
応募資格 日本工芸会西部支部の会員、並びに九州・山口・沖縄に在住の一般作家
募集作品 本展の趣旨に沿う、未発表の自己制作作品
日  程 次回は第52回
・作品募集:2017年4月頃に応募受付予定
・作品展 :2017年6頃から福岡展・熊本展に巡回予定
主  催 (社)日本工芸会東海支部 http://www.nihonkogeikai.or.jp/competition
 



全国規模のアマチュア向け陶芸公募展

国際アマチュア陶芸展伊万里  【毎年】一般の部/こどもの部
アマチュア陶芸家の創造性に富んだ作品を募集、展示。
応募資格 アマチュア陶芸家(プロは不可)
募集作品 未発表の自己制作の磁器・陶器(共同制作も可)
日  程 次回は2017年度
・作品募集:2017年2月頃応募受付予定
・作品展 :2017年3月頃 伊万里・有田焼伝統産業会館
主  催 国際アマチュア陶芸展伊万里実行委員会 http://www.city.imari.saga.jp/
役に立つ材料マニュアルのロングセラー!

保存版 見てわかる陶芸材料

→ 陶芸技法・材料の本の紹介ページはこちら

陶工房 No.81: 観る、知る、作る。陶芸家に学ぶ焼き物づくりの技 (SEIBUNDO Mook)

→『陶工房』紹介ページはこちら