やきものPLAZA Journey & Festival やきものをめぐる旅と祭 

石川の旅データ 1

2015年3月10日更新  




















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

 金沢周辺

金沢地区  〜金沢周辺で作られる、200年の歴史の九谷焼「金沢九谷」
江戸時代の文化3(1806)年、150年近く途絶えていた古九谷に代わって九谷焼を再興しようとして始まった金沢九谷。名高い京都の名工・青木木米を招聘しました。現在も金沢九谷は、木米の様式を代表とする、細密画と盛絵具と、独特の赤が特徴です。

浅田屋(JTBへ) 風趣な坪庭と静謐なお部屋で加賀料理を吟味された器や調度類等で楽しめる

野村右園堂
陶芸家の作品ギャラリー、九谷焼の販売の他、体験教室も
2Fギャラリーには人間国宝の3代徳田八十吉や吉田美統の作品展示に加え、若手九谷焼作家のコーナーや企画展も人気。1Fは九谷焼の器を販売、絵付け体験もできます。
■9:00〜18:00  ※定休:木曜日
■金沢市兼六町2-3(公園入り口)
■http://uendo.jp/

金沢21世紀美術館
近現代作品や金沢ゆかりの作家を集めた新しい美術館
建築、現代美術、工芸をテーマに展覧会を企画・開催。コレクションには、近代の巨匠から現在活躍中の先鋭的な陶芸家まで、数多く収蔵しています。
■10:00〜18:00  ※休館:月曜日(祝日の場合は翌日)
■金沢市広坂1-2-1
■https://www.kanazawa21.jp/

石川県立美術館
陶磁器だけで600点以上、国宝の仁清色絵雉香炉も収蔵
石川の古美術から現代作品まで幅広く収集。特に工芸品は、大名道具や古九谷・再興九谷、人間国宝の作品などを収蔵しています。
■10:00~17:00(入館は16:30まで) ※休館:年末年始/展示替期間
金沢市出羽町2-1
■http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/index_j.html

金沢市立 中村記念美術館
唐物茶入や木米の絵香合、砧青磁などの逸品を展示
金沢の酒造・中村家収集の茶道美術の名品を中心に書画、古九谷などの陶磁器や加賀の工芸品を幅広く収蔵しています。
■9:30~17:00(入館は16:30まで)  ※休館:年末年始/展示替期間
■金沢市本多町3-2-29(本多公園内)
■http://www.kanazawa-museum.jp/nakamura/

鏑木商舗/金沢九谷ミュウジアム
文政5(1822)年創業の老舗九谷焼窯元、現当主は8代目
江戸時代の再興九谷の時期に創業し、明治には積極的に海外に進出。当時の「鏑木製」はギャラリーに展示されています。もちろん、九谷焼の販売の他、カフェや茶室、食事も。
■9:00〜22:00(日曜・祝日は18:00まで) ※不定休
■金沢市長町1-3-16(金沢長町武家屋敷)
■http://kaburaki.jp/

かが料理 割烹わ田
伝統の加賀料理を、九谷焼と輪島塗の器で楽しむ
寺井町(能美)出身の店主と、輪島出身の料理長がこだわり、九谷焼と輪島塗の特注の器に盛り付け。店内の調度にも九谷や輪島の名工作品があります。
■11:30~14:00/17:00~22:00  ※定休:日曜日
■金沢市片町1-10-5
■http://www.spacelan.ne.jp/~wada-kp/

長寿堂/陶房 長寿
明治17(1884)年創業の、金沢九谷の陶房と販売店
長寿堂の九谷焼は、現代の生活に生かす器づくりを心掛けており、伝統の技を生かしつつ、新製品の開発を行っています。体験教室も人気です。
■9:00~18:00  ※不定休
■金沢市香林坊2-4-5
■http://www.chojudo.com/chojudo/


大樋美術館/大樋焼本家長左衛門窯

加賀の茶陶・大樋焼350年の歴史と現在が分かる美術館
大樋焼本家長左衛門窯と美術館が併設。大樋焼の初代から歴代作品などを展示。大樋焼茶碗での呈茶やギャラリーもあります。
■9:00~17:00  ※無休
■金沢市橋場町2-17
■http://www.ohimuseum.com/