やきものPLAZA Journey & Festival やきものをめぐる旅と祭 

京都の旅データ 1

2015年3月2日更新  




















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

 五条坂〜清水坂周辺

五条坂地区  〜清水焼発祥の地であり、数多くの窯元・陶芸家が集まる地
五条通りを大和大路通りを渡った先(石碑あり)から清水坂に至る坂。道に連なる窯元に加え、周辺の奥田頴川や青木木米・仁阿弥道八などの史跡の散策が楽しめます。

五条坂 陶器まつり
京都の夏の風物詩・全国最大規模の陶器まつり
1920(大正9)年から続く歴史と、約400窯の出店・40万人もの観光客との規模を誇ります。大通から外れると若手陶芸家が集まるエリアも。
■例年8月上旬
■9:00〜22:00頃
■会場:五条坂一帯(五条大橋〜大和大路通り)、若宮八幡宮
 京都市東山区五条橋東5丁目
■http://www.toukimaturi.gr.jp/index.html

若宮八幡宮(陶器神社)
清水焼発祥の地の記念碑がある、五条坂の中心
平安時代に創建し、陶祖・椎根津彦命が合祀されている陶器神社。氏子は陶磁器業者が中心であり、陶器まつりには祭礼が行われます。
■京都市東山区五条橋東5-480

六兵衛窯
江戸後期に五条坂に創業し、名陶工・陶芸家を輩出
230年を超える伝統を持ち、歴代当主・清水六兵衞も名陶揃い。店内に展示されていることも。また現当主である8代目も陶芸家として活躍。
京都市東山区五条橋東5-467
■http://rokubeygama.com/

藤平陶芸
伝統の中に、一味違う新しい差を見せる清水焼の窯元
著名人も多く来訪する老舗窯元で、体験教室の開催や登窯・錦薪窯も保存も。先代当主は現代陶芸の巨匠・藤平伸、その息子の寧も人気陶芸家です。
■10:00〜16:00  ※休業:GW/夏季/年末年始
■京都市東山区五条橋東6-503
■http://www.fujihiratougei.co.jp/

河井寛次郎記念館
寛次郎の初期作品から晩年まで、その造形力を堪能
故河井寛次郎の旧宅を公開し、作品を展示しています。作品はもちろんですが、寛次郎デザインの調度類にも個性が際立っています。
■10:00~17:00(入館は16:30まで)  ※休館:月曜日(祝日の場合は翌日)/夏季(8月中旬)/年末年始
■京都市東山区五条坂鐘鋳町569
■http://www.kanjiro.jp/

京都陶磁器会館
五条坂の京焼・清水焼を集約し、展示・販売、実演も。
伝統を大切に、重鎮の名工・陶芸家作品から、新進の若手まで、新作を展示・販売。個展や企画展も開催され、五条坂の"今"がわかるスポット
■9:30~17:00(入館は16:30まで)  ※定休:木曜
■京都市東山区五条通東大路東入白糸町5-70-3
■http://kyototoujikikaikan.or.jp/

陶磁器たきぐち
人気作家滝口和男とその門下の絵付けの器を販売
滝口和男はもちろん、門下の川合敦子など、京都らしい遊び心溢れる造形と絵付けの器が販売されている人気のショップ。
■11:00~16:00  ※定休:火曜日
■京都市東山区白糸町569-5
■http://www.bekkoame.ne.jp/~takiguch/

ホテル秀峰閣(JTBへ) 京都五条大橋の東詰にあり、東山地区観光に最適な観光ホテル

近藤悠三記念館
巨匠・近藤悠三作の世界最大級の梅染付大皿を展示
染付の人間国宝・故近藤悠三氏の生家跡に立てられた記念館。初期から晩年まで約70点。大皿制作の映像も見どころの一つです。
■10:00~17:00  ※休館:水曜日(祝日または特別展の場合は開館)
■京都市東山区清水1-287(茶わん坂)
■http://www.kondo-kyoto.com/yuzo/

清水寺
境内には江戸時代の京焼の名工、仁清と乾山の碑も
門前やその周辺の道々には京焼・清水焼の店で溢れています。境内には野々村仁清記念碑と乾山記念碑もあり、陶器の日(10月4日)には法要も営まれます。
■6:00〜(閉門は季節により異なり、夜間特別拝観の期間もあります)
■京都市東山区清水1-294
■http://www.kiyomizudera.or.jp/