やきものPLAZA Journey & Festival やきものをめぐる旅と祭 

京都の旅データ 3

2015年3月2日更新  




















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

 七条〜日吉町周辺

日吉地区   〜京焼・清水焼の主要産地の一つで、生産数も多い地区
豊臣秀吉公の墳墓がある阿弥陀ヶ峰の南山麓に点在する窯元を称して日吉地区と呼びます。五条坂より大正時代に移転し、自由な気質があります。

祇園吉今(JTBへ)
祇園新橋のほとりにあり、数寄屋風の静かな京の宿

日吉窯元まつり
桜の季節に開催される京焼・清水焼の陶器まつり
平成に入ってから開催されるようになり、夏の五条坂、秋の清水焼団地の陶器祭に対して、春の観光シーズンに開催され、多くの観光客が集まります。
■例年4月上旬
■会場:今熊野日吉町・南日吉町一帯、今熊野小学校
 京都市東山区今熊野日吉町、南日吉町一帯
■http://hiyoshikumiai.com/matsuri.htm

瑞光窯
ギャラリーや窯・工房見学ができ、体験教室も人気の老舗
五条坂の初代清水六兵衞の流れを汲み、2代瑞光が今熊野に登窯を開窯したのが1928年です。現在は3代目とその息子達が活躍しています。
■9:00〜17:00  ※休業:年末年始
■京都市東山区今熊野日吉町148
■http://www.zuikou.com

豊仙窯
女性一人での入りやすい、オープン型体験工房
作務衣の貸出や写真撮影・お茶など、サービスも多く、夜間もあるのがうれしい。全館バリアフリーとなっていて車いすでの電動ロクロ体験可。
■9:00~21:00  ※定休:第3日曜日
■東山区大黒町通七条上る塗師屋町579-1
■http://www.housengama.jp/

京都国立博物館
仁清の重文・古清水色絵蓮華式香炉や奈良三彩を所蔵
平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化財を、収集・保管・展示。陶磁器の名品も多数所蔵しています。
■9:30~18:00(入館は17:30まで/特別展開催中の毎金曜日は20:00まで)
 ※休館:月曜日(祝日の場合は翌日)
■京都市東山区茶屋町527
■http://www.kyohaku.go.jp/


 東福寺~泉涌寺周辺

泉涌寺地区  〜東山・御寺泉涌寺そばにある、陶芸家・陶工の街
名刹・泉涌寺と紅葉の名所・東福寺への散策の道のりに位置する、窯元50窯ほどのこじんまりとした風情あるやきもの地区です。

藏や 清水五条(JTBへ)
京の町屋を1軒丸ごと、貸出
もみじまつり/窯元大陶器市
紅葉の季節に、開催される陶器まつり
エリア内の窯元の軒下や青窯会会館で開催されますので、散歩を楽しみながら買い物を楽しむ、期間も1週間以上という長さ。
■例年11月下旬
■会場:泉涌寺地区一帯、青窯会会館
 京都市東山区東林町

青窯会会館
泉涌寺地区の清水焼・京焼の展示や様々な企画を開催
清水焼の展示販売所。3月には所属窯元による見本市や作陶展も開催されます。その他、絵付けや手びねりの体験教室もあります。
■10:00~17:00  ※休館:日曜日・祝日/お盆/GW/年末年始
■京都市東山区東林町20
■http://www.seiyoukai.com/

俊山窯 わくわく
泉涌寺門前に清水焼販売店、近くに窯元があります
当主・森俊山は2代目、経産大臣認定伝統工芸士。3代目・森俊次も陶芸家として活躍中。伝統の清水焼と、現代的な器を制作・販売し、体験教室も開催。
■京都市東山区泉涌寺東林町12
■http://www.d2.dion.ne.jp/~waku2/

小川与山
初期の京焼の一つ、粟田焼の伝統を受け継ぐ窯元
粟田焼は、江戸初期、清水より前に始まった粟田口のやきもの。初代小川与山は泉涌寺に大正8年開窯。京薩摩としても注目され、現当主・小川由嗣は3代目。
■京都市東山区今熊野椥ノ森町33
■http://www.kyoto.zaq.ne.jp/ogawayozan/