やきものPLAZA Get & Use やきものを買おう・使おう 

うつわ産地別チェック

京焼・瀬戸焼・有田焼・益子焼など、器の産地で見るオススメ。















情報募集
HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas
南国の伸びやかな赤絵「壺屋焼」 壺屋焼(沖縄) 2015/08/19
沖縄では「やきもの」を「やちむん」と呼びます。琉球王朝時代に由来する歴史あるをはじめ、現在では自由な気質に惹かれた若い陶芸家が集まっていることから、さまざまな作風が沖縄の「やちむん」を形作っています。その中で、「やちむん」を代表するものは「壺屋焼」でしょう。那覇市内の壺屋に琉球王朝が窯を集めて作ったやきものの町。昭和に入って、民藝運動をリードした巨匠・濱田庄司が訪れ、指導したことから、壺屋焼は飛躍的に全国に知られるようになりました。
現在では、窯焚きの問題があり、壺屋焼は那覇の壺屋の他に、読谷村にも陶房が存在します。現在の壺屋焼は、人間国宝だった金城次郎が濱田庄司の影響を受けて作った赤絵の器が代表的です。南国らしいユーモラスで力強い魚のモチーフで知られており、この印象的な赤と、魚や海老などのモチーフのものを「壺屋焼」と一般的に呼んでいます・・・
→ 続きを読む

赤絵唐草魚文6寸皿(一枚焼)

「有田」の赤絵 有田焼(佐賀) 2015/06/24
有田焼とは、佐賀県有田で作られる陶磁器の総称です。現在でも陶磁器の一大産地であり、多くの窯元や陶芸家が集まっており、多種多様な陶磁器が作られています。ですから、現在の有田焼を称して、「有田焼らしい意匠や造形」などを語るのは意味がないような気がします。作家の創造力、あるいは消費者のニーズによって、有田焼は常に新しいものを生み出し続けているからです。例えば、有田焼と言えば磁器のイメージがつよいですが、陶器だって作られていますし、華やかな色絵がイメージされるかもしれませんが、釉薬だけがかかったシンプルなものだってあります。有田焼は江戸時代初期、この地で最初の磁器が焼かれたことから歴史は始まります。有名なのは、酒井田柿右衛門。「柿右衛門」の名は、陶磁器に興味がない人でも、高級陶磁器の代名詞として通用するのではないでしょうか。やがて、この地のやきものは伊万里港から世界に輸出され、ヨーロッパの王侯貴族からも愛されるようになりました・・・
→ 続きを読む

有田焼 赤濃木甲草花 コーヒー碗皿 【楽ギフ_包装選択】 【楽ギフ_のし宛書】

土味を魅せる、日本的やきもの「備前焼」 備前焼(岡山) 2015/05/18
備前焼はコクの重要無形文化財であり、日本六古窯の一つです。中心地である岡山県備前市伊部では、既に古墳時代にはやきものの生産が始まり、鎌倉時代には備前焼の原型が誕生しています。近代に入ると、「中興の祖」と呼ばれる金重陶陽を筆頭に、現在まで人間国宝を5人輩出。現在の伊部では、室町から続く伝統の陶家(窯元)が煙を絶やさない一方、前衛的・現代的な新しい備前焼を生み出す陶芸家たちも数多く存在し、全国には、備前焼のみを集めるような熱狂的な愛好家もいます。備前焼の特徴は「焼締(やきしめ)」です。釉薬(ゆうやく;うわぐすり)をかけず、高い温度で焼くことで、丈夫で水がしみないようにしています。焼いて締めるの言葉のとおり、素地の土の粒子が高温で焼かれることで、粒子同士の隙間が締まるというわけ。・・・
→ 続きを読む

備前焼 フリーカップ ビールグラス 焼酎グラス タンブラー 備前焼 木村微風作 ジョッキ(微風-03) 送料無料【ポイント5倍】

民芸陶器の中心的存在「益子焼」 益子焼(栃木) 2015/04/19

東京から日帰りできる、栃木の益子焼が開窯したのは幕末です。しかし、その名を有名にしたのは、近代に入ってから、巨匠・濱田庄司によるところが大きいでしょう。しかし、有名であるにもかかわらず、益子焼の特徴は…と言えば、これがなかなか難しいのです。素材や技法・意匠などで一言で言える特徴はないからです。民藝運動をリードした濱田庄司が益子に移住して指導したため、現在では「民芸陶器」の代表的な窯場、と説明されますし、「用の美」を重んじた実用陶器が益子焼の特徴と言えますが、あまり具体的な定義ではありませんね。しかも、近年は若い陶芸家たちが続々と集まる地となっていますので、益子焼という大きな枠組の中で、さまざまな作風が百花繚乱しています。
以上から、益子焼の代表的な作風を紹介するというのは難しいのですが、ここでは、濱田庄司の流れを汲む、実用性を重んじており、益子の・・・
→ 続きを読む

【明石庄作】【益子焼】【送料無料】益子の伝統をしっかりと受け継ぐ作風明石庄作 刷毛目花生 共箱

茶陶で名高い「萩焼」を普段使いに 萩焼(山口) 2015/02/05
“一楽二萩三唐津”という言葉は、愛陶家では使い古された言葉です。もともとは茶の湯の世界の話で、茶碗なら第一が楽焼、次いで萩焼、三番手が唐津焼のもの、という意味です。
そもそも萩焼は、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に来日した朝鮮陶工によって慶長年間(17世紀初頭)に開窯し、江戸時代の萩藩の御用窯として、茶碗を中心とした茶陶が焼かれました。現在でも、この朝鮮陶工(李勺光)の系譜を継ぐ、萩焼の名家が存在しているのです。中でも、現当歴代当主が三輪休雪を名乗り、当代は12代目である三輪家では、10代と11代の2名の人間国宝を輩出しています。
萩焼の特徴は大きくは2種類。白萩と呼ばれる味わい深い白の釉薬(うわぐすり)がたっぷりとかかったものと、枇杷色の釉薬の紅萩。高麗茶碗の井戸や粉引・三島などを写したり、強く影響を受けた萩茶碗などで知られています。
→ 続きを読む

萩焼(伝統的工芸品)【大湯呑白姫端反えくぼ・パッキン包み】上品な色合いに持ちやすい大きめのお湯呑!よりおいしいお茶をたっぷりどうぞ!

「京焼・清水焼」の多様性チェック 京焼・清水焼(京都) 2015/01/21
京焼と清水焼、いずれも良く聞く名称だと思いますが、その区別はご存じですか? 単純に言えば京都で焼かれた陶磁器はすべて京焼、そしてエリアを絞って京都東山の清水・五条坂で焼かれた陶磁器が清水焼。そして、経済産業省が指定している「伝統的工芸品」として、「京焼・清水焼」と登録されています。
さて、京焼・清水焼の特徴は…と言えば、これが一口では言えないほど多用なのです。ちょっと違うパターンを挙げてみましょう。  
まずは代表的な色絵の中から、伝統をモチーフに、現代的なユーモラスさを合わせ持った湯呑をチェック。「一閑人(いっかんじん)」というモチーフは、ヒマ人がホンヤリと井戸をのぞく恰好の人形がついたもの。
この湯呑はのぞくまでハードルは高いのか、、唐子(からこ)が一生懸命よじ登っている最中にしているのが可笑しい。染付と色絵のセットもGOOD! 
→ 続きを読む

清水焼 染赤花鳥夫婦湯呑 賀善【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】【smtb-k】【ky】

 
■「うつわ産地別チェック」過去記事INDEXへ