やきものPLAZA Get & Use やきものを買おう・使おう

うつわ産地別チェック

京焼・瀬戸焼・有田焼・益子焼など、器の産地で見るオススメ。


【カテゴリー:京焼・清水焼(京都)】2015年1月21日更新

  「京焼・清水焼」の多様性チェック 

 京焼と清水焼、いずれも良く聞く名称だと思いますが、その区別はご存じですか? 単純に言えば京都で焼かれた陶磁器はすべて京焼、そしてエリアを絞って、京都東山の清水・五条坂で焼かれた陶磁器が清水焼。そして、経済産業省が指定している「伝統的工芸品」として、「京焼・清水焼」と登録されています。
 日本では縄文土器まで遡れば、とにかく各地でやきものが作られてきた文化ですが、いわゆる「京のやきもの」として、作られるようになるのは江戸時代に入ってからです。初期の頃は陶器の絵付けもの。野々村仁清や尾形乾山なんかが有名でしょう。この時代に名を残す陶工が複数いることも、京のやきものの凄さです。
 やがて、磁器が焼かれるようになると、京焼はますます華やかに、多様な意匠のものが現れます。奥田頴川や青木木米・仁阿弥道八・永楽保全などという有名な陶工も登場しました。
 そして近代、さらに現代へと、京都では伝統的で、常に新しさを求め、次々と気鋭の陶芸家たちを輩出し続けています。「京焼・清水焼」とは、一口で言えない多様性こそが、一番の特徴と言えるかもしれません。

 さて、京焼・清水焼の特徴は…と言えば、これが一口では言えないほど多用なのです。ちょっと違うパターンを挙げてみましょう。


 まずは代表的な色絵の中から、伝統をモチーフに、現代的なユーモラスさを合わせ持った湯呑をチェック。「一閑人(いっかんじん)」というモチーフは、ヒマ人がホンヤリと井戸をのぞく恰好の人形がついたもの。
この湯呑はのぞくまでハードルは高いのか、、唐子(からこ)が一生懸命よじ登っている最中にしているのが可笑しい。染付と色絵のセットもGOOD!



 こちらは、伝統の三島(印判などで白の象嵌を入れる)技法ですが、紫がかったグレーと欧風の模様、ソーサや持ち手の曲線がどこか新しい。コーヒーもいいですが、香り高いフレーバーティなんかを飲むのも良さそうです。
清水焼の名窯・陶楽窯の3代森里陶楽は繊細で優美な三島で知られています。



 最後は伝統的な絵付けに「猫」を加える風龍窯の染付の皿。吉祥紋などの伝統の技術をしっかり昇華させているところが、京都の粋も感じます。
とにかく個人的に、この方の猫のファンです。この猫は老若男女問わずです。また、染付の青だけも良いですが、華やかな色絵の中にいる猫もかなり好きです。


























HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

清水焼 染赤花鳥夫婦湯呑 賀善【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】【smtb-k】【ky】

価格:25,000円
(2015/1/30 15:18時点)



清水焼 紫三島コーヒー茶碗 陶楽【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】【smtb-k】【ky】

価格:12,960円
(2015/1/30 15:19時点)



【送料無料】染付六寸皿 四匹のぞき【清水焼】【陶磁器】【京都】【手書き】【ネコ】【絵付け】【和食器】【楽ギフ_メッセ入力】制作中ご予約受付します

価格:11,880円
(2015/1/30 15:19時点)