やきものPLAZA Get & Use やきものを買おう・使おう 

うつわアイテム別チェック

茶碗、湯呑、皿など、器の種類で見るオススメ。















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas
>
毎日使いたくなる、和テイストのカレー皿 深皿・楕円皿 2015/07/14
夏と言えばカレー!・・・一年中食べていますが、暑くなってくると特に美味しく感じます。オーソドックスなビーフカレーもいいですが、私はシーフードやチキンカレー、キーマカレー、ドライカレー、グリーンカレーなんかも大好きで、レトルトも作り置きも必須となっています。さて、本題の「器」。インド料理店ではステンレス製のプレートがよく見られますが、ホテルなどで出される'高級'カレーでは、白磁のディナープレートがイメージ。洒落たカフェなら、楕円形の深皿や舟形、スクウェアプレートなどもよく見かけますね。
では自宅では?使い勝手の良いシンプルな丸い大皿ですか?ちょっと深めの。
ここでは、和テイストのカレー皿をピックアップしましょう。お気に入りが見つかれば、毎日でも使いたくなるほど、とっても便利なモノ。我が家では、パスタや焼きうどんなどの麺類、シチューなどのスープ類はもちろん、煮魚、ちらし寿司など、大活躍。食器棚にしまうヒマがないほど、多様しています。
→ 続きを読む

波佐見焼 染付唐草 楕円カレー皿 ペアセット 【楽ギフ_包装選択】 【楽ギフ_のし宛書】

ちょっとイイモノ、どんぶり 2015/06/10
どんぶり」はいくつ持っていますか? 私はうどん・蕎麦用、ラーメン用、ご飯モノ用の3つ。それに小さな土鍋(雑炊や鍋焼きうどんなど)に、リゾットなどの洋モノ用のボウル1つ…。こよなく麺とご飯を愛する私には、器もそれなりに必要なのです。
「どんぶり」というのは、いわゆる食器揃えのように揃いモノである必要はありませんし、一人でつかっても、お客さまに出しても、他の食器との組み合わせなどをそんなに考える必要がありません。どんぶり一つがテーブルの主役ですので、いろいろと一つずつ集めてみるのも楽しいものです。個人的には、どんぶりは昼食での使用頻度が非常に高いもの。使い勝手がよくて、洒落ていて、ガンガン使えるもの…がどんぶり選びの条件です。今回は、どこかモダンで和洋中で楽しめそうな、トラディショナルな和食器の丼をえらんでみました。
では一つめ。伊賀焼の老舗・長谷園の『石灰どんぶり』です。長谷園は、三重県が認定している「三重県ブランド」の中で、唯一伊賀焼として認定されており、伝統とともに、その技術力も確かなもとなっています・・・
→ 続きを読む

長谷園 石灰 どんぶり 丸 IM-04

手に馴染む焼酎カップもしくはロック杯 焼酎カップ 2015/05/12
酒好きなら、酒の収集とともに器の収集もしてしまうのが世の常…ということで、今回のテーマは酒器。しかも、まだまだ認知度が低い、焼酎にオススメの器を紹介します。焼酎好きの方も、気になっていた!という方も、そして、もうすぐ父の日ですから、贈りものにも相応しい、上質な焼酎カップをセレクトしました。それにしても、最近の焼酎人気は一過性のブームを乗り越えたような気がしませんか。数年前に「本格焼酎ブーム」なるものが話題になって、方々で各地の蔵元の焼酎や、焼酎が飲める店などを特集した雑誌やテレビ番組番組などを見かけましたが、最近では、当たり前のように、ちょっとした店で良い焼酎が並んでいたり、テレビでも洒落た焼酎のCMが流れていたりと、若い女性から高齢の方まで、さまざまな焼酎が親しまれているようです。
さて、焼酎はどのように飲むのが好きですか?定番はロック、そしてお湯割りでしょうか。もちろん、水割りもいいですし・・・・・・
→ 続きを読む

備前焼 焼酎杯 桐箱入り 日本伝統工芸士 小川秀藏作【楽ギフ_のし】fs3gm

個性光る湯呑 湯呑 2015/03/11
今回のテーマは湯呑です。湯呑の思い出といえば、新卒で会社に入社して最初の休日。自分用の湯呑を探しに半日以上歩き回ったこと。小さな会社でしたが、先輩たちはそれぞれ個性を示すように、素敵な湯呑を自分用に持ち込んでいました。ですから、自分もちょっと見かけないような自分らしいものを持ってこよう、と思ったのです。そして店を何軒も歩き、見つからずに苦労したことを、今でもよく覚えています。昔から、日本において茶碗と箸は属人器(personal wares)、つまり、個々に属する器。ですから、ご飯茶碗と湯呑茶碗は、どの家庭でも自分用が用意されているものなわけです。ちなみに属人器に関しては、考古学者・佐原真先生の名著『食の考古学』をぜひ読んでみてください。…話が脱線しました。とにかく、大人な日本人としては、自分で選んだ湯呑の逸品を持つべき…と主張したかったのです。以前、飯茶碗についていち早く書きましたので、今回は湯呑というわけで。
→ 続きを読む

清水焼 京焼 湯呑み ギフト 単品 色絵ペイズリー(いろえぺいずり-)【楽ギフ_包装】

緑茶は急須が決め手 急須 2015/02/15
最近、ペットボトルのお茶のCMで、急須に入れたお茶との聞茶をやっていますが(結果は区別できないという話)…信じたくないですね。自分なら分かる!とか言いたいわけではなくて、急須にお湯を注ぎ、ゆったりとお茶を入れて楽しむことは、緑茶の醍醐味だと思うのです。ペットボトルのお茶もよくますが、あれは別の飲み物だと思っています。
日本における「喫茶」の文化を大事にしたいということですが、実際問題としても、お茶をおいしくするのは、やはり急須は重要と信じています。お茶を選び、茶器を選び、そしてしっかりと煎れることが、緑茶の持つ味・香り・色を引き出すことに繋がるのです。
ということで、今回のテーマは「急須」。陶器と磁器とで、それぞれ煎れたお茶に違いがあると言われていますが、ここでは分かりやすい違いを一つ、"保温性"を挙げておきます。つまり、陶器は磁器より保温性が高いということです。
→ 続きを読む

常滑急須 昭龍作朱泥新平丸松皮格子網 [300cc] 常滑焼 強化 和食器 酒器 料亭 旅館 業務用

茶碗は自分専用にこだわりたい 茶碗・飯椀 2015/01/21
一年中欠かせないもの。
冷たいビールと温かい日本茶、そして、ほっこりと炊かれたご飯。皇室の愛子様が笠間焼のひよこの子供茶碗を愛用されているというのが話題になったのはまだ記憶に新しいですね。一般の家庭でも「お食い初め(おくいぞめ)」で我が子のために初めての食器を揃えるというのは昔からある話。
私自身は残念ながら、最初のお茶碗の記憶がありません。しかし、両親の茶碗より小振りな、子供用の茶碗を使っていたのは覚えています。
・・・そして今は、両親と自分の茶碗は、私が選んだものを使っています。同じ作家で、それぞれ微妙に柄や色、サイズが異なるもの。
毎日使うモノですから、こだわった方が良いです。
安物買いの銭失いという言葉がありますが、茶碗はまさにコレ。
自分で選んだイイモノは大事にしますし、なによりイイモノは長持ちします。
→ 続きを読む

赤絵花魚文茶碗(マカイ・一枚焼)(H4M2)

 
■「うつわアイテム別チェック」過去記事INDEXへ
うつわ購入にお役立ち!

最高に美しいうつわ 最新版

→うつわガイドブックの紹介ページはこちら