やきものPLAZA Get & Use やきものを買おう・使おう

うつわ特徴別チェック

ポップなデザインや花鳥の文様など、器の特徴をキーワードで見るオススメ。


【カテゴリー:花や植物の文様】2015年1月31日更新

 梅いろいろ

 気が付いたら、明日から2月。梅も開花し始めました。
「梅」と言えば、日本では伝統文様の一つ。花だけの文様なら「梅花文」、枝に梅が咲いていると「枝梅文」、そして、梅の木全体が描かれているものを「梅樹文」なども呼ぶようです。着物はもちろん、陶磁器にも古くから描かれている、馴染み深いモチーフです。

 梅は現在でも人気ある、定番文様です。伝統的な形式の文様もありますが、特に陶磁器では、モダンなものや大胆にデフォルメされた意匠のものもあって、一口に「梅」といっても様々。
では、今多から使いたい、気になる「梅」をピックアップしてみましょう。


 京都の陶あん窯・三代目土渕陶あんの『白掛紅白梅マグカップ』は、伝統的な日本画のような品の良い美しさを描いた逸品。陶器のろくろ目にたっぷりとした白化粧、陶あん窯独自の色釉による華麗な色彩が、使い手を選びません。
・・・でも、個人的には母に贈りたい気持ちです。


 次は、梅と言えば…ということで、『光琳梅』、九谷焼のマグカプです。金彩が施されていますが、しっとりと淡く光り、上質な印象。オフィスでコーヒーを飲めば、ハイクラスな気分が味わえるかもです。


 3つめは、伝統的で実用的な『染付梅地紋湯呑』。有田の名窯・源右衛門窯のものです。遠くで見ると、青地に小梅が散らしてあるように見えますが、近くて見ると、青の梅の花弁で埋め尽くされていることがわかります。
源右衛門窯は現在も 薪窯で焼いた本格派の有田焼です。陶工の絵付けと、薪による炎のため、同じものは一つとしてありません。


 梅だけでも奥が深い陶磁器の世界。
季節の絵柄を楽しむのも、日本人の豊かさです。

























HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas

清水焼 白掛紅白梅マグカップ 陶あん【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】【smtb-k】【ky】

価格:12,600円
(2015/1/31 15:59時点)



九谷焼 K3-891 マグカップ 光琳梅 サイズ 径8.4×高8.5cm

価格:4,500円
(2015/1/31 16:04時点)



源右衛門窯 染付梅地紋湯呑

価格:8,100円
(2015/1/31 16:14時点)