やきものPLAZA Get & Use やきものを買おう・使おう 

うつわアレコレ REVIEW

季節やイベントなど、今注目したい多様なテーマで、うつわのオススメを語ります。















情報募集
HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas
敬老の日に 〜その4:蕎麦猪口と老舗蕎麦 記念日(敬老の日) 2015/09/11
今回は敬老の日の贈り物特選!。
第4弾は、蕎麦猪口と老舗蕎麦。蕎麦好きには必須の蕎麦猪口ですが、意外と揃えているお宅は少ないのでは?よいものを持っていれば、お客さまに蕎麦を出すときでも、一味違ったおもてなしに。上質な猪口と、老舗のお取り寄せ蕎麦を一緒に贈りたいですね。
最初のおすすめは、織部の緑釉が美しい『織部蕎麦猪口揃え』です。作り手は、京都の窯元・都築陶化(陶化窯)。京都で活躍中の窯元ですが、織部釉や黒釉の作風を得意としています。大胆なろくろ目を残すフォルムと、たっぷりかかった緑の鮮やかさ、さらに内面にも全面文様と緑の釉薬が施されていて、持ちやすく、蕎麦も美味しく映えることでしょう。
→ 続きを読む

清水焼 織部蕎麦猪口揃え 陶化【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】

敬老の日に 〜その3:酒器揃えと銘酒 記念日(敬老の日) 2015/09/11
今回は敬老の日の贈り物特選!。
第3弾は、酒器と銘酒。夫婦で、あるいは親しい友達と…ゆったり酒を酌み交わすための酒器揃えを贈りましょう。焼酎サーバーをセットにしたものや、冷酒にぴったりのガラスと陶器のコラボ酒器、重量感のある片口とのセットなどをチョイスしました。もちろん、一緒にお酒も持参したいですね。
最初のおすすめは、備前焼の焼酎サーバーと酒器のセット。セット内容は、『備前金彩焼酎サーバー2000cc』『備前金彩焼酎ペアグラス大』『備前金彩氷入れ』『手づくり竹トング』に加え、『本格芋焼酎 魔王1800ml』となっています。作り手は三重で陶芸家として活躍中の安藤嘉規(スタジオ・ノア)です。焼酎やブランデーなどの蒸留酒は「かめ熟成」させると、まろやかな味になりますので、好きなひとなら、一つは持っていたいもの。しっかりした作りで、優れものの逸品でしょう。
→ 続きを読む

備前金彩焼酎サーバー2000ccペアグラス 氷入れ 陶芸作家 安藤嘉規作(白玉醸造合名会社 本格芋焼酎  魔王 25度 1800ml )

敬老の日に 〜その2:ペアマグとスウィーツ 記念日(敬老の日) 2015/09/11
今回は敬老の日の贈り物特選!。
第2弾は、マグと銘菓。コーヒーや紅茶はもちろん、健康のために毎日ヨーグルトなんていう方もけっこういるのでは?ここでは毎日つかって飽きのこない上質なものを選びましょう。合わせて、お取り寄せできる洋菓子も一緒に。
最初のおすすめは、『有田焼 マグカップ(ペア)白磁牡丹』です。作り手は国が指定する伝統工芸士である山口幹彦(山幹窯)。有田の磁器らしい透明感ある白磁の素地に、さらに繊細で華麗な牡丹が彫り込まれており、光りを通して透けて見えます。持ち手のフォルムも美しく、ペアで使えば、優雅なティータイムが楽しめそうです。
→ 続きを読む

【有田焼】マグカップ(ペア) 白磁牡丹

敬老の日に 〜その1:夫婦茶碗と銘菓 記念日(敬老の日) 2015/09/11
今回は敬老の日の贈り物特選!。
第1弾は、湯呑と銘菓。「朝茶は福が増す」と言いますが、やはり毎日飲みものだから、良い物を贈りたい。上質な質感がよくて二馴染み、口当たりのよい本格派の湯呑と、お取り寄せできる銘菓を合わせていかがでしょうか。
最初のおすすめは、『清水焼 六瓢夫婦湯呑』です。作者は、瑞昭窯三代目の大野瑞昭。染付(藍色の絵付)で、柔らかに、緻密に描かれた文様に、上絵付けでさらに彩色を加えられ、伝統の中にも、どこなモダンなユーモラスさをもっています。縁起のよい文様である瓢(ひょうたん)であることも、贈り物にぴったり。フォルムはろくろの手を残していますので、磁器でありながら柔らかなフォルムをもっており、手に取っても滑りにくく馴染みます。
合わせて贈りたい…大阪で創業150年の老舗、浪芳庵の「宝づくし最中」。ひょうたんはもちろん、鯛やだるま、招き猫など、見ているだけでも楽しい!
→ 続きを読む

清水焼 六瓢夫婦湯呑 瑞昭【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】【smtb-k】【ky】

「父の日」には毎日使える上質なものを 記念日(父の日) 2015/06/02

6月に入り、もうすぐ父の日です。毎年思うのですが、母の日ならプレゼントするものがたくさん思い浮かぶのですが、父の日は困るのです。なぜなら、男性が喜びそうな贈りものって難しいから。それで定番ように、好きな酒とか、食べものとかになってしまうことが多いのです(特に私の父が無趣味な上に、妙なこだわりがある気むずかしいキャラだから…ということがありますが)。そんな悩ましい思いを抱いている方のために、ベタで恐縮ですが、マグカップをリストアップしました。ひねりはありませんが、コーヒーでも中国茶・紅茶でもOKなデザインで、50代以上の男性が毎日使って飽きのこない上質なもの、という基準で選んでいます。 一つめは、兵庫の丹波立杭焼窯元・かねと窯の『白泥マグカップ(麗)」。現当主の清水圭一は、丹波立杭に生まれ、家業の窯元を継ぐ一方、日本陶芸展や日展・菊池ビエンナーレ展など、数多くの公募展で入選を果たし、個展等でも活躍する実力派。本作も、丹波焼らしい伝統の白泥に釘彫りの技法を用いつつも、スタイリッシュなデザインであり、さらに口当たりのよい口づくりと、持ちやすい持ち手をもった機能性を持っています。
→ 続きを読む


白泥マグカップ(麗)【丹波焼】【丹波立杭焼】【和陶器】【和食器】【カップ】【マグ】【コーヒーカップ】【立杭焼き】【マグカップ】【手作り】【送料無料】【結婚】【内祝い】【引出物】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【smtb-k】【kb】

食卓にさり気なく「端午の節句」を 季節(端午の節句) 2015/04/28
ゴールデンウィーク突入!(本当に突入した方も、気分はGWの方も…)いろいろな祝日が重なりますが、ふと気が付くと、祝日に日の丸を掲げている家も随分少なく…というかほとんど見かけなくなりました。しかし、GWなんて名称より、大型連休、そして国民の祝日として、行事を楽しむのも良いですよね。ということで、5月5日の端午の節句を取り上げましょう。その歴史は古く、元々は薬草摘み(薬猟)の日。万葉集にある額田王の「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」を思い出します。しかしながら、江戸時代に入ると「菖蒲」が「尚武」と重ねられ、武士が主導の男の子の節句になります(このあたりは、女性で万葉集好きの筆者としては、少々癇に障ったりするのですが)。とにかく、江戸以降、兜や鎧を飾り、立身出世を願う節句となりました。ちなみに現代では、兜や鎧は、子供を守るという願いが込められていたりするらしいです。一方、鯉のぼりは江戸時代の町人文化から生まれたものとか。いわゆる登竜門の語源となっている鯉の滝登りの話から、子供の立身出世を願ったものだそうです。 さて、端午の節句の蘊蓄を少々書きましたが・・・
→ 続きを読む

清水焼 仁清写抹茶碗 こいのぼり 宝泉【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】【楽ギフ_名入れ】【あす楽対応_関東】

和のオードブル皿〜サンドイッチデーによせて 記念日(サンドイッチデー) 2015/03/13

3月13日はサンドイッチデーです。1(イッチ)を3(サン)で挟んでいるからとか。サンド(砂)とウィッチ(魔女)以外なら、どんな具でもOKという話もありますが、とにかくサンドイッチには、国によってもカラーが出ますし、種類が豊富ですね。手軽なランチにもなりますし、ピクニックにもイギリス伝統のアフタヌーンティにも、パーティのオードブルにも大活躍です。
特に、晴れた日の休日のランチにサンドイッチは最高です。
軽い読み物とビールとともにサンドイッチをつまむ、ゆったりとした時間が大好きです。…そんないい気分を味わうためには、器や盛り付けもこだわりたいもの。もちろん、自分用だけでなく、お客さまに出すにしても、器にこだわれば手軽なサンドイッチがテーブルの華に!買ってきても、自分で作っても、サンドイッチは贅沢メニューになるのです。
→ 続きを読む

織部9寸◎皿・有松進

大人が欲しい陶磁器の雛人形 季節(雛祭り) 2015/02/01
まだまだ寒いですが、暦の上ではもうすぐ立春です。
この時期と言えば、女性なら雛人形。一昔前は7段飾りの人形(当家にもあります)が女の子のアコガレでしたが、最近では種類もさまざま。大人も欲しくなってします。特に、陶磁器の雛人形は、全体にフォルムが柔らかく、優しげな表情のものが多くて魅力的です。それにほとんどがお内裏様とお雛様だけなので、飾る場所も選ばず、しかも上質。さまざまな窯業地で作られていますのでチェックしてみましょう。
まずは瀬戸。飾りもの・置物などを得意とする薬師窯の雛人形。屏風やぼんぼりなどの付属品(陶磁器ではないです)もついていて豪華。おっとりとした表情は、陶器の柔らかさと手づくりの暖かさならでは。
次は九谷焼です。着物の文様がいかにも九谷焼らしい伝統的な文様と色彩で、やきものの魅力満載です。飽きのこないデザインで……

→ 続きを読む

【 九谷焼 雛人形 】5号雛人形・色絵松竹梅- 九谷焼 雛人形 陶器 ひな人形 ひな祭り おひなさま 初節句 桃の節句 お祝い 贈り物 プレゼント コンパクト

ぐい呑から始めよう 器種(ぐい呑) 2015/01/21
やきもの(陶磁器)の善し悪しってどう見ますか?
この質問を聞きますが、興味深いけど難しいテーマです。
骨董品は、ある程度評価が固まっています。良いモノだけが、大事にされ、残っていくものだし(善し悪しは真贋の見極めとは別)。しかし、現代陶芸は現在進行形です。100年後を想像するのは難しい。ですから、一般人はとりあえず市場価格を参考にせざるをえません。
やきものの価値基準は色々あります。伝統を基準に、使うことに重点に、茶の湯での価値観、芸術的な目線。例えば個性的で味があるが使いにくい場合、一方で評価され一方で評価されないことも。へたうまなんていうのもありますけど下手さを味と見るか、個性と見るかただ、下手くそなのか・・・。また、技術があっても面白くないと言われることだってあります。ですから、あくまでも市場価格を参考と考えて、ご自身の好きずきを知るのが、大事ではないか……
→ 続きを読む

祥瑞風酒呑・正木春蔵

 
■「うつわアレコレReview」過去記事INDEXへ