やきものPLAZA Basics & Mania やきものマニア・豆知識

日本のやきものガイドブック

やきもの基本や辞典、窯業地巡りなど、やきもの鑑賞や購入のガイドになる本を紹介

※比較的新しいものを中心にリストは作成。※表紙画像をクリックするとAmazonにジャンプします。
2016年09月06日更新 

 















情報募集

HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas
■やきもの総合ガイド

Casa BRUTUS特別編集
器の教科書

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

新品価格
¥1,598から
(2016/9/6 00:15時点)

マガジンハウス 2016/06 ●A4変判218P
マガジンハウス【編】
Check! 【完全保存版】基礎からわかる、器のすべて! 国内外にかかわらず、器選びを楽しくする教科書。
【主な内容】 基礎知識から国内外の人気作家名鑑、器を買う旅ガイド、魯山人やルーシー・リーなど器名人のおさらい、世界の名作デザイン、レストランの器など、器に関するあらゆることを網羅。
【目次抜粋】 ●Lesson1 人気作家(器の現代作家27人/北大路魯山人、他) ●Lesson2 世界の名作(器の名作デザインベスト50、他) ●Lesson3 民藝(ジョナサン・アンダーソン、益子へ、他) ●Lesson4 集める(クリエイターのとっておき拝見! 、他) ●Lesson5 使う(あの人気レストランはどんな器を使ってる? 、他) ●Lesson6 ルーシー・リー

エイムック
豆皿の本

豆皿の本 (エイムック 3433)

新品価格
¥1,058から
(2016/9/6 00:41時点)

エイ出版社 2016/06 ●B5変判128P
 
Check! 美しく、使いやすい豆皿の世界! 伝統から現代のもの、さらに使い方まで、豆皿をまるごと1冊に。
【主な内容】 豆皿自体の魅力や焼きものとしての知識はもちろん、豆皿を使った盛り付けコーディネイトや美しく魅せる料理の作り方、有名スタイリストが提案するライフスタイルまで、豆皿の世界を紐解く。
【目次抜粋】 ●MAME THE LOVE ●ニッポンの焼物を知る ●豆皿スタイリング術 ●豆皿とインスタのイイ関係 ●豆皿使いの名店探索

かわいいやきもの

かわいいやきもの

新品価格
¥1,944から
(2016/6/22 22:27時点)

東京美術 2016/06 ●A5判127P
柏木麻里【著】ドイツ生まれ。専門は日本・中国陶磁史。2008年より出光美術館学芸員。詩人としても活動し、第33回現代詩手帖賞受賞。
Check! 日本、中国、朝鮮、欧州、中近東の古代から近代まで、「かわいい」を合い言葉に集結したやきもの。
【主な内容】 草花や小動物など、かわいいイメージの「やきもの」はたくさんあります。本書では、日本を中心にアジア、西洋、中近東と、世界中の「かわいいやきもの」を集めた1冊。
【目次抜粋】 ●第1章  見る"かわいい(カラフルかわいい;白が好き!;夢見る色、甘い色;かたどるかわいさ;きれいな雨・雪・空気;かわいい動物とひと) ●第2章 "使う、さわる"かわいい(光となかよし;柔らかさとなごやかさ;かわいくお茶を)

Discover Japan特別編集
ベスト・オブ・ニッポンのうつわ

Discover Japan特別編集 ベスト・オブ・ニッポンのうつわ

新品価格
¥1,080から
(2016/4/14 16:42時点)

エイ出版社 2016/03 ●A4変型160P
ディスカバージャパン編集部【編】
Check! 日本各地の伝統的なやきものから民藝、さらに人気作家の器まで、日本の器の魅力の全てを紹介。
【主な内容】 日本各地の伝統的な焼き物、柳宗悦らによる民藝運動に由来する民藝のうつわ、そしてつくり手の個性が光る作家もののうつわ……。日本のうつわの魅力のすべてを充実のコンテンツで紹介。
【目次抜粋】 ●1日本各地の焼き物 編 ●民藝のうつわ 編 ●作家もののうつわ 編 ●うつわの旅へでかけよう

ブルーガイドグラフ
知っておきたい うつわの基本

うつわの基本 (ブルーガイドグラフ)

新品価格
¥700から
(2015/9/2 17:16時点)

実業之日本社 2015/07 ●B5判96P
giorni編集部【編】
Check! さくっとわかる、器の基本。クラフトバイヤー・日野明子がうつわの世界を紹介。
【主な内容】 これから揃える、また次に買うならどんな器を選ぶとよいか、器の基本から器の並べ方、実践ルポまで、ギュッと凝縮してクラフトバイヤーとして活躍中の日野明子が、うつわの世界を紹介。
【目次抜粋】 ●1 まずそろえたい、基本の器 ●2 これだけそろえたい、ふだん用とおもてなしの日の器 ●3 少しずつ楽しみながら集めたい器 ●4 和の器ことはじめ ●5 陶芸家のアトリエ、お宅訪問 ●6 洋食器ことはじめ ●7 北欧食器ブランドコレクション ●8 今通いたい器の店

TJMOOK
おとなの和食器入門

おとなの和食器入門 (TJMOOK)

新品価格
¥1,188から
(2015/6/10 17:51時点)

宝島社 2015/05 ●A4判95P
細矢隆男【著】日本骨董学院学院長、東洋陶磁学会会員。骨董関係の著作多数で、NHK『趣味悠々』講師なども務める。
Check! 全国22箇所のやきものを紹介し、装飾技術や産地別の特徴を解説。
【主な内容】 和食器の名称や陶器と磁器の違いなど和食器に関する基礎知識をはじめ、産地別のやきもの知識をまとめた一冊。食器を買うときはもちろん、骨董市に出かけたときにも「うつわ選び」に役立つ情報をまとめています。
【目次抜粋】 ●和食器を選ぶための基礎知識 ●和食器の表情を生み出す装飾の技法と加工 ●陶磁器の代表的な産地を知る(有田焼/波佐見焼/唐津焼/小鹿田焼/薩摩焼/壺屋焼/砥部焼/出西焼/備前焼/伊賀焼/丹波焼/萩焼/九谷焼/越前焼/常滑焼/美濃焼/瀬戸焼/益子焼/笠間焼、他

てのひら手帖
図解 日本のやきもの

図解 日本のやきもの (てのひら手帖)

新品価格
¥1,728から
(2015/4/3 15:21時点)

東京美術 2014/03 ●B6判144P
伊藤嘉章【監修】東京国立博物館学芸研究部長。専門は中世・近世の陶磁史。
Check! コンパクト版日本やきもの鑑賞の手引き。様式・技法・名称など基本の知識をズバリ解説。
【主な内容】 日本における陶磁器の歴史から各地のやきもの、作り方の流れや形からやきものを知るなど、図解を交えつつ、分かりやすく頭に入りやすい解説が魅力。情報がコンパクトにまとめられるので、鑑賞のお供に最適。
【目次抜粋】 ●Prologue はじめの疑問 ●Part1 伝統のやきものを知ろう ●Part2 やきもの作りを知ろう ●Part3 やきものの形を知ろう ●コラム(やきものの名称/古九谷というやきもの/やきものの景色) ●特集 茶の湯とやきもの ●Part4 資料編(古窯地図/日本美術史年表)

日本のやきもの鑑定入門

日本のやきもの鑑定入門

新品価格
¥2,160から
(2015/4/3 15:28時点)

東京美術 2010/08 ●B5判111P
矢部良明【著】東京国立博物館工芸課課長を経て、現在は人間国宝美術館館長。陶磁史・茶道史研究家として著作多数。
Check! 縄文土器から現代陶磁まで、鑑賞から購入まで、見どころ・勘どころ知って広がるやきもの世界。
【主な内容】 1万年の歴史ある縄文土器から、近世・近代、そして現代へと、あらゆる「やきもの」を、鑑定するがごとくの知識と見方を学ぶ入門書。知識が深まり、ますます鑑賞が楽しくなります。
【目次抜粋】 ●序章 やきもの鑑定の基礎知識(土器/三彩、他) ●第1章 六古窯(六古窯の壷/時代による六古窯の展開、他) ●第2章 近世の陶磁器(楽焼/美濃焼、他) ●第3章 明治~現代の作家(明治~昭和) ●大正~昭和(民藝の展開)、他

すぐわかる
産地別 やきものの見わけ方 [改訂版]

すぐわかる産地別やきものの見わけ方

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 15:34時点)

東京美術 2010/12(初版2000) ●A5判152P
佐々木秀憲【監修】有田ポーセリンパーク、大英博物館日本美術部客員学芸員などを経て、川崎市岡本太郎美術館学芸担当係長。
Check! 技法・素材・伝統など、産地で違うやきものの魅力を具体的にあげ、見わけるポイントを明示した入門書。
【主な内容】 歴史と伝統から現代の作家ものまで、各地の名品の魅力を味わいながら、「見わける目」を養います。さらに改訂版では人間国宝の作品を紹介した口絵ページを増補し、ヨーロッパの有名窯およびアジアのやきもののページを充実。
【目次抜粋】 ●日本のやきもの(平清水焼/会津本郷焼/益子焼、他) ●海外のやきもの(中国/朝鮮/タイ、他) ●もっと知りたい人のために(器のかたちと各部の名称/やきものの種類のはなし・窯のはなし/焔のはなし・釉薬のはなし、他)

すぐわかる
茶の湯の名品茶碗 [改題版]

すぐわかる茶の湯の名品茶碗

新品価格
¥2,160から
(2015/4/3 15:42時点)

東京美術 2006/11(初版2004) ●A5判143P
矢部良明【著】東京国立博物館工芸課課長を経て、現在は人間国宝美術館館長。陶磁史・茶道史研究家として著作多数。
Check! 各ジャンルの茶碗の特徴・名の由来・歴史が、簡潔・明解に整理されて、すぐわかる。
【主な内容】 とびきりの「名品茶碗」80点の見どころを、形・高台・釉・文様などのポイントごとに解説。天目や長次郎、美濃など各ジャンルの茶碗の特徴、名の由来、歴史が簡潔・明解に整理された、茶碗の表現の豊かさに触れる一冊。
【目次抜粋】 ●第1章 唐物ー茶人の美意識(天目) ●第2章 桃山-創作への転換(長次郎/美濃、他) ●第3章 江戸-優美な味わいを求めて(萩・薩摩/楽代々、他) ●第4章 茶人と茶碗-個性が選ぶ楽しい茶碗(小林一三/川喜田半泥子、他)

知識ゼロからのやきもの入門

知識ゼロからのやきもの入門

新品価格
¥1,404から
(2015/4/3 15:47時点)

幻冬舎 2009/07 ●A5判159P
松井信義【監修】東京九段上の器の専門店「暮らしのうつわ花田」店主。全国各地の200人以上におよぶ作家と交流がある。
Check! 装飾・産地・作家・形・選び方・手入れの仕方・おすすめ美術館…やきもの初歩の疑問を解説。
【主な内容】 器店主ならではの視点でやきものを使う・見る愉しみを紹介。知っておくと役に立つ産地の特徴や陶芸技法、古今の有名な陶芸家などを写真でワンポイント解説。ページの隅にある「こぼれ話」は、知っていると得した気分に。
【目次抜粋】 ●1章 技のハーモニーが生むやきものの表情ーやきものの装飾 ●2章 心ときめくやきものを探しにーやきものの産地 ●3章 やきもの史に輝く作家たち ●4章 こっそり聞きたい初歩の初歩の疑問ーやきものの基本知識 ●5章 楽しく選んで、長くつきあうーやきものの選び方、使い方

やきものの楽しみ方 完全ガイド

やきものの楽しみ方完全ガイド (池田書店の趣味完全ガイドシリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2015/4/3 15:48時点)

池田書店 2009/01 ●A5判191P
荒川正明【監修】出光美術館主任学芸員を経て、学習院大学教授(日本美術史専攻)。専門は日本陶磁史で、著作多数。
Check! 土器、陶器、磁器など日本人の生活を彩ってきた多種多様なやきものの名品221点を紹介。
【主な内容】 縄文時代から現代に至る1万年以上のやきものの歴史を持つ日本。その魅力あふれるやきものに興味がわき、楽しめるエピソードや、実際にやきものを楽しめる全国窯元ガイドを収録。やきものを知り、鑑賞し、楽しむための完全ガイド。
【目次抜粋】 ●第1章 やきものを楽しむための「20のポイント」 ●第2章 やきもの鑑賞ガイド(先史のやきもの-土器から陶器へ/中世のやきもの-六古窯の時代/近世のやきもの-茶陶の時代、他) ●第3章 全国窯元ガイド(関東・東北/中部/近畿、他)

器の手帖 
有名産地から名陶まで知っておきたいやきもののこと

器の手帖

中古価格
¥787から
(2015/4/3 15:08時点)

宝島社 2014/06 ●四六判127P
森孝一【著】(社)日本陶磁協会事務局長。『陶説』編集のかたわら、美術評論家、エッセイストとして活躍。
Check! 瀬戸焼・伊万里焼・益子焼など有名産地を21カ所紹介。器のいろはがよくわかる!
【主な内容】 やきもの初心者のための、知っておきたい日本の代表的なやきもの・器の基礎知識を紹介。産地ごとにその歴史や特徴を解説する他、国宝・重要文化財を含めた41点の名陶を掲載しています。
【目次抜粋】 ●1 知っておきたいやきものの基本(陶器と磁器の違い/やきものの名称について/やきものの技法と装飾、他) ●2 全国のやきものの産地と名品(中世焼締の六古窯/桃山の茶陶/江戸の色絵・磁器/近代の民窯) ●3 器と長くつきあうための教科書(やきものの分類/器と長くつきあうための手入れ)


角川日本陶磁大辞典 [普及版] 

角川日本陶磁大辞典 普及版

新品価格
¥24,840から
(2015/4/3 16:21時点)

角川学芸出版 2011/02(初版2002) ●A5判1484P
矢部良明【編集代表】矢部良明(元東京国立博物館工芸課長)
他、第一線の陶磁器研究者23名の編集委員。
Check! やきものとその文化のすべてがわかる本格的大辞典。待望の普及版。
【主な内容】 2002年刊行の縮刷・普及版。やきもののすべてがわかる、圧倒的な項目数7200項目、精細なカラー図版1300点、精鋭の執筆陣220名による1項目平均350字のわかりやすい解説。ハンディで求めやすい、価値ある辞典です。

やきもの辞典 [増補版] 

やきもの事典

新品価格
¥6,912から
(2015/4/3 16:27時点)

平凡社 2000/07(初版1984) ●A5判433P
平凡社『やきもの辞典』編集部【編】第一線の陶磁器研究者25名が専門分野の解説を担当。
Check! アマチュアからプロまで、あらゆる陶芸関係者にとって必須のやきもの辞典。
【主な内容】 やきものの形や文様の名称、技法や釉薬などの用語、窯名や人名、古文献名など、5000項目を簡潔に解説した総合的な陶磁器事典。編年図表、重要文化財目録、文献目録などの各種資料も巻末に掲載。91年刊に次ぐ増補版。

カラー版 日本やきもの史 

日本やきもの史

新品価格
¥2,700から
(2015/4/3 16:31時点)

美術出版社 1998/10 ●A5判206P
矢部良明【監修】陶磁史・茶道史研究家
荒川正明【著】日本陶磁史研究家 伊藤嘉章【著】東京国立博物館学芸研究部長 金子賢治【著】茨城県陶芸美術館館長 、他【著】
Check! 縄文から現代まで、日本の陶磁・やきものをオールカラーで270点掲載・解説した陶磁器入門書
【主な内容】 日本陶芸全史をコンパクトな一冊に。名品270点をオールカラーで紹介し、一線の研究者や学芸員が解説。日本陶芸の技術・様式系統図、近現代やきもの関連年表、各時代の主要窯場地図、用語解説など、参考資料も充実しています。
【目次抜粋】 ●縄文時代 ●弥生・古墳時代-土器から須恵器へ ●奈良時代・平安前期 ●平安後期・鎌倉・室町時代 ●桃山時代 ●江戸時代 ●明治時代 ●大正時代・昭和前期 ●現代



■全国の窯業地めぐりガイド

楽学ブックス
やきものの里めぐり
 普段使いの器を探して

普段使いの器を探して やきものの里めぐり (楽学ブックス)

新品価格
¥1,836から
(2015/4/3 16:37時点)

JTBパブリッシング 2014/04 ●A5判175P
永峰美佳【著】やきものの雑誌『陶磁郎』の元編集者。現在は美術・工芸・デザインを中心に活躍するフリーライター。
Check! 実際にお気に入りの窯場を訪れて、土地の空気を味わい、器を選ぶ醍醐味。
【主な内容】 やきものの産地ごとの特徴と、その代表的な窯元の情報に加え、やきものにこだわった飲食店や宿などを、旅の仕方と合わせて紹介。また、やきものの基礎知識や陶器市、美術館などを網羅、やきものの入門書としても楽しめます。
【目次抜粋】 ●九州・沖縄・中国・四国の窯場(有田焼-佐賀県/唐津焼-佐賀県、他) ●近畿・中部・北陸の窯場(京焼-京都府/信楽焼-滋賀県、他) ●関東・東北の窯場(益子焼-栃木県/笠間焼-茨城県、他) ●よい器を買うために(見てわかる、やきものの基礎知識/器を選ぶときのポイント、他)

くらしのやきもの事典 [決定版] 
昭和の名品と全国の窯場

くらしのやきもの事典 決定版 ~昭和の名品と全国の窯場~

新品価格
¥1,296から
(2015/4/3 16:45時点)

マイナビ 2014/12(初版2006) ●四六判159P
 
Check! やきものを「見る・使う・買う」をまとめたロングセラーの新版! 全国産地別に窯場と昭和の名品を紹介。
【主な内容】 素材や技法、形状や扱い方など、陶磁器全般に役立つ基礎知識、全国各地の35窯業地の歴史や特徴を解説。末尾には、昭和の陶芸の巨匠9人の紹介も。各情報がコンパクトにまとめてられていて見やすく、持ち歩きにも最適。
【目次抜粋】 ●知っておきたい基礎知識 ●全国の窯場(九州・四国・沖縄地方/中国・近畿地方/中部地方/北海道・東北・関東地方) ●知っておきたい昭和の名品(石黒宗麿/加藤土師萌/金重陶陽/加守田章二/川喜多半泥子/北大路魯山人/富本憲吉/三輪休和/八木一夫)

一個人特別編集
やきもの入門

やきもの入門

新品価格
¥580から
(2015/4/3 16:47時点)

ベストセラーズ 2012/04 ●A5判128P
『一個人』編集部【編】
Check! 戦国武将が愛した伝説の茶器や産地別の名窯を徹底紹介。「やきもの」の深い魅力がこの1冊で丸わかり。
【主な内容】 2011年発行の雑誌『一個人』の特集企画を再編集して書籍化。やきものの基本的知識から、全国のやきものの里の取材、作陶誌上体験、現在の人間国宝の名品紹介など、一冊に詰め込んでいます。
【目次抜粋】 ●やきものの基本の「き」 ●天下人を夢中にさせた「名物」物語 ●やきものの歴史と代表的作家を辿る ●やきものができるまでを誌上体験 作陶入門 ●歴史ある名窯を訪ねて 産地別やきものの見方・愉しみ方 ●全国やきもの産地マップ ●現代の陶芸の人間国宝珠玉の銘品

近世・近代の茶陶 窯場 名工名鑑

近世・近代の茶陶―窯場 名工名鑑

新品価格
¥3,024から
(2015/4/3 16:52時点)

淡交社 2011/03 A5判371P
黒田和哉【著】近代陶芸画廊として名高い銀座黒田陶苑の2代当主。日本陶磁協会理事、『陶説』編集委員、著作も多数。
Check! 近世から昭和にかけての日本各地の茶陶を網羅した、茶陶鑑賞・蒐集に役立つ一冊。
【主な内容】 江戸時代から明治・大正・昭和期にかけて、日本各地で生み出された茶陶を地域ごとに分類し、各窯の歴史・特徴と、茶陶を生み出した陶工、茶人・数寄者など作陶家たちの生い立ちを解説。約830点の図版を掲載し、作品と印・銘の図版も充実。
【目次抜粋】 ●第1章 北海道・東北・関東・中部 ●第2章 北陸-新潟・富山・石川・福井 ●第3章 愛知・岐阜 ●第4章 近畿 ●第5章 京都 ●第6章 山陽・山陰・四国 ●第7章 九州・沖縄

全国伝統やきもの窯元事典

全国伝統やきもの窯元事典

新品価格
¥3,456から
(2015/4/3 16:59時点)

東京堂出版 2005/07 A5判275P
みわ明【著】名古屋タイムズ社に勤務後、新聞や雑誌に温泉・街道・伝統工芸等の紀行文を執筆。日本旅行記者クラブ会員。
Check! 全国の窯元約850ヶ所を収録。陶器の特徴・窯元の由来や現在の状況など、写真多数を載せて解説。
【主な内容】 全国各地のやきもの窯元を北海道から九州・沖縄まで地域別に分かりやすく収録。約800の窯元を作品写真を駆使しつつ解説しています。さらに各地の陶磁器会館や伝統産業会館、資料館、美術館などの関連施設も附記。
【目次抜粋】 ●北海道 ●青森県 ●岩手県 ●秋田県 ●宮城県 ●山形県 ●福島県 ●茨城県 ●栃木県 ●群馬県、他

ほたるの本
やきものを楽しむ旅

やきものを楽しむ旅 (ほたるの本)

新品価格
¥1,836から
(2015/4/3 17:01時点)

世界文化社 2005/04(初版2004) A5判144P
『家庭画報』編集部【編】
Check! 名産地を15エリアに分け、豊富な写真とMAPで案内。選び方、買い方、手入れ法など基礎知識も。
【主な内容】 全国の15窯業地の、窯元・ショツプ・見所・食べ所などを詳細なマップと推奨順路付きで案内。釉薬や絵付、技法などが写真でわかる器図鑑や、各地の陶器市カレンダー、美術館ガイドの情報も掲載しています。『家庭画報特選 器を楽しむ』 改題版。
【目次抜粋】 ●九谷焼 ●笠間焼・益子焼 ●瀬戸焼・美濃焼 ●京焼 ●信楽焼・伊賀焼 ●備前焼 ●山陰の焼物 ●萩焼 ●砥部焼 ●唐津焼 ●有田焼 ●小石原焼・小鹿田焼



■やきもの産地別ガイド

壺屋焼入門

壺屋焼入門 (ボーダー新書)

新品価格
¥1,080から
(2015/4/3 17:11時点)

ボーダーインク 2014/07 ●新書版182P
倉成多郎【著】那覇市立壺屋焼物博物館主任学芸員。沖縄の近世・近代窯業史を研究。
Check! 島じまの風土と文化で生まれた沖縄の陶芸・壺屋焼の待望の入門書
【主な内容】 独自の発展を遂げてきた沖縄の壺屋焼を、研究成果に基づいて歴史をたどり、その特徴や作り方、陶工達とその作品を紹介。やちむんの里・壺屋など、やきものをめぐる街歩きも載っており、ファン待望の一冊です。
【目次抜粋】 ●第1章 壺屋焼の歴史・近世編(近世琉球陶器のはじまり/初期の壺屋焼) ●第2章 壺屋焼の歴史・近代編(琉球処分から敗戦まで/戦後から現代/壺屋焼の作り方) ●付録 壺屋を歩こう(壺屋ゆかりの地を辿る/さいおんスクエアのシーサー/沖縄の陶祖の墓へ、他)
備前焼ものがたり

備前焼ものがたり

中古価格
¥3,562から
(2015/4/3 17:14時点)

山陽新聞社 2012/12 ●B5判247P
上西節雄【監修】岡山県立美術館学芸課長・倉敷市立美術館長などを歴任。備前焼に関する著作多数。
蜂谷秀人【写真】、山陽新聞社【編】
Check! 備前焼の研究家として名高い著者による、備前焼を網羅した一冊。
【主な内容】 古備前の名品、備前焼の歴史、備前焼の陶技や窯変を、カラー写真を交えてわかりやすく解説。また、人間国宝に指定されている陶芸家、昭和の名工の列伝と代表作も紹介しています。
【目次抜粋】 ●第1章 古備前名品紹介(備前四耳大壷/元亀二年銘大甕、他) ●第2章 備前焼の歴史(備前焼前史/備前焼誕生ー平安時代末~鎌倉時代、他) ●第3章 陶技・窯変(備前焼のできるまで/窯変などの味わい) ●第4章 人間国宝(金重陶陽/藤原啓、他) ●第5章 昭和名工伝(三村陶景/初代大饗仁堂、他)

窯別ガイド 日本のやきもの
益子・笠間

窯別ガイド 日本のやきもの 益子・笠間 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:09時点)

淡交社 2003/11 ●A5判127P
青木宏【文】栃木出身。栃木県立美術館学芸課長、専門は工芸を主とした近現代美術。 乾剛【写真】
Check! 濱田庄司が過ごした民芸運動の拠点、そして首都圏から最も身近な陶芸の町、益子と笠間のやきもの案内
【主な内容】 民芸運動の拠点となった益子と笠間、首都圏から最も身近な陶芸町の魅力とともに益子焼、笠間焼の名品や現代作家のクラフト作品を鑑賞。益子焼・笠間焼の歴史や技法のほか、窯場用語や美術館情報、陶芸教室情報も充実。
【目次抜粋】 ●益子焼・笠間焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「益子・笠間」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
美濃

窯別ガイド 日本のやきもの 美濃 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:49時点)

淡交社 2003/08 ●A5判125P
伊藤嘉章【文】土岐出身、東京国立博物館学芸研究部長。 唐沢昌宏【文】名古屋出身、東京国立近代美術館工芸館課長。 林達雄【写真】
Check! 桃山時代、茶の湯の世界で黄瀬戸・志野・織部など「破格の造形」といわれる美濃のやきもの案内
【主な内容】 桃山時代、茶の湯を中心に、岐阜県美濃で花開いた美濃焼。黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部など「破格の造形」といわれる桃山茶陶の世界を紹介しています。美濃焼Q&Aや名品が見られる博物館や美術館、陶器市の情報も収録。
【目次抜粋】 ●美濃焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「美濃」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
京都

日本のやきもの窯別ガイド 京都 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:52時点)

淡交社 2003/08 ●A5判125P
岡佳子【文】大手前大学教授、日本陶磁史研究家。特に京焼や仁清に関する著作で知られている。  渡部巌【写真】
Check! 近世の仁清・乾山から道八、そして近代まで、数々の名工・陶芸家を輩出する京都のやきもの案内
【主な内容】 京焼の名品鑑賞をはじめ、製作工程や歴史と技法、使う楽しみなど、京焼の魅力と特徴をカラー写真と解説で存分に紹介しています。また京焼Q&Aや名品が見られる京都市内の博物館や美術館、陶器市の情報も収録。
【目次抜粋】 ●京焼の見所-特徴 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「京都」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
唐津

窯別ガイド 日本のやきもの 唐津 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:54時点)

淡交社 2003/05 ●A5判127P
大橋康二【文】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。 松尾宏也【写真】
Check! 文禄・慶長の役で渡来した数多くの朝鮮人陶工により、多種多様な技法が伝わった唐津のやきもの案内
【主な内容】 唐津焼の名品を鑑賞しながら見所がつかみ、素朴で自由奔放な鉄絵をほどこす唐津焼の源をさぐります。歴史と技法の解説、使って楽しむ唐津焼、窯場をたずねたときの"見る・買う・作る"のコーナーを紹介。唐津焼の魅力をこの一冊に盛り込んでいます。
【目次抜粋】 ●唐津焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「唐津焼」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
薩摩

窯別ガイド日本のやきもの 薩摩

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:57時点)

淡交社 2003/04 ●A5判127P
渡辺芳郎【文】佐賀県立九州陶磁文化館学芸員を経て、現在、鹿児島大学法文学部助教授。専門は考古学。 熊本隆【写真】
Check! 様々な技法と種類の多さと美しさが特色の薩摩焼の特色・魅力紹介する薩摩(鹿児島)のやきもの案内
【主な内容】 古薩摩の茶入や白薩摩の色絵や細工、黒薩摩のチョカやカラカラなど、バラエティーに富んだ薩摩焼の魅力のすべてを網羅。名品の鑑賞を中心に、歴史・技法、見る・買う・作るのコーナーなど幅広く紹介。薩摩焼の特色・魅力をマスターします。
【目次抜粋】 ●薩摩焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「薩摩=鹿児島」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
信楽・伊賀

窯別ガイド 日本のやきもの 信楽・伊賀 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:59時点)

淡交社 2003/03 ●A5判127P
大槻倫子【文】滋賀県立陶芸の森学芸課学芸員。現在、滋賀県ゆかりの古陶磁の研究に取り組む。  杉本賢正【写真】
Check! 狸のやきもので代表される信楽焼と、荒々しい肌と窯変の伊賀焼、2つの里のやきもの案内
【主な内容】 見た目だけでは信楽焼と伊賀焼の区別がつかないという方、それぞれを極めたいという方のために。名品の鑑賞を中心に、歴史・技法、見る・買う・作るのコーナーなど幅広く紹介。信楽焼、伊賀焼それぞれの特色・魅力をマスターできます。
【目次抜粋】 ●信楽焼・伊賀焼の見所-特徴 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「信楽・伊賀」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
九谷

窯別ガイド 日本のやきもの 九谷 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:02時点)

淡交社 2003/02 ●A5判125P
寺尾健一【文】石川県立美術館学芸専門員、高岡短期大学及び金沢美術工芸大学非常勤講師。 加藤賀津三【写真】
Check! 絢爛豪華な九谷焼の魅力を、様々な技術・意匠を網羅しつつ紹介する、九谷(石川)やきもの案内
【主な内容】 古九谷から現代の九谷までの色絵・青手・色絵金彩などの名品を満載。華麗な赤絵細描の技法や、釉裏金彩、上絵付、彩釉磁器から轆轤曳きの技法まで、九谷焼の技術を詳しく紹介。絢爛豪華な九谷焼の魅力満載。
【目次抜粋】 ●九谷焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「九谷」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの

窯別ガイド 日本のやきもの 萩 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:04時点)

淡交社 2002/12 ●A5判127P
石崎泰之【文】山口県立萩美術館・浦上記念館学芸課主任。専攻は、中国美術史、陶芸史。 下瀬信雄【写真】
Check! 高麗茶碗と深いかかわりをもち、おだやかな釉調を持つ萩焼の名品紹介する、萩(山口)やきもの案内
【主な内容】 おだやかな釉の色合い。高麗茶碗と深いかかわりをもつ、さまざまな器形と高台。温かで親しみあふれる萩焼の、初期から近代・現代に至るまでの名品の鑑賞を中心に、歴史・技法、見る・買う・作るのコーナーなど幅広く紹介します。
【目次抜粋】 ●萩焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「萩」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
瀬戸

窯別ガイド 日本のやきもの 瀬戸 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:06時点)

淡交社 2002/12 ●A5判127P
唐沢昌宏【文】名古屋出身、愛知県陶磁資料館学芸員を経て、東京国立近代美術館工芸館課長。 林達雄【写真】
Check! 日本六古窯の一つ、古墳時代からやきものが焼かれ続け、現在も多くの陶芸家がある瀬戸のやきもの案内
【主な内容】 陶祖・藤四郎、磁祖・民吉という2人の始祖を持つ、稀有な窯業地・瀬戸。「せともの」の語源となった瀬戸焼の初期から近代・現代に至るまでの名品の鑑賞を中心に、歴史・技法、見る・買う・作るのコーナーなど幅広く紹介します。
【目次抜粋】 ●瀬戸焼の見所 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「瀬戸」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
備前

窯別ガイド 日本のやきもの 備前 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:08時点)

淡交社 2002/10 ●A5判127P
上西節雄【文】岡山県立美術館学芸課長・倉敷市立美術館長などを歴任。備前焼に関する著作多数。。 中村昭夫【写真】
Check! 備前の名品の美を充分に鑑賞すると共に、備前焼の魅力を多角的に解説する、備前やきものガイド
【主な内容】 胡麻・桟切・緋・緋襷・牡丹餅・伏せ焼・青備前…名品の数々で解説・鑑賞。焼締陶器・備前焼はどのような歴史と技法で今日まで育ってきたのかを理解し、備前焼を見る・買う・作るで楽しむ備前焼のテキスト。
【目次抜粋】 ●備前焼の見所-特徴 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「備前」を歩く

窯別ガイド 日本のやきもの
有田・伊万里

窯別ガイド 日本のやきもの 有田・伊万里 (窯別ガイド日本のやきもの)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:11時点)

淡交社 2002/10 ●A5判127P
大橋康二【文】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。 松尾宏也【写真】
Check! 有田・伊万里の多様な名品の美を鑑賞すると共に、特色、魅力を多角的に解説する、やきものガイド
【主な内容】 名品75点をじっくりと鑑賞し、有田・伊万里焼の特色を解説。華麗な磁器の染付と色絵の誕生を歴史と技法解説の中で解明。器を楽しく使い、見て、買って、作ることにも挑戦します。
【目次抜粋】 ●有田焼・鍋島焼の見所-特徴 ●名品鑑賞 ●製作工程(やきもののできるまで) ●使う楽しみ ●歴史と技法 ●やきもののふるさと「有田・伊万里」を歩く

楽ってなんだろう 楽焼創成

楽焼創成 楽ってなんだろう

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 17:22時点)

淡交社 2001/08 ●B5判111P
楽吉左衛門【著】楽家十五代当主、陶芸家。東京芸術大学彫刻科卒後、イタリアに留学。1981年に十五代吉左衛門を襲名。
Check! 樂家当代・樂吉左衛門が、樂焼の誕生から今日までを自ら解説した決定版。
【主な内容】 千利休の時代から京都で茶の湯の茶碗を焼いてきた樂家の15代当主が、樂焼の誕生から今日までを自ら解説。名碗の写真に加え、技法・歴代作者と時代との関わり、手入れの方法まで、樂茶碗のすべてがわかりやすくまとめられています。
【目次抜粋】 ●1章 楽茶碗ってなんだろう(楽茶碗の誕生/楽茶碗の特色,他) ●2章 楽焼のルーツを探る(ルーツは中国・明時代の三彩陶/陶片にうかがう楽焼の広がり,他) ●3章 楽家歴代-100年ごとに見る楽家の道統(長次郎から常慶へ/常慶のバロック ,他) ●4章 付(楽家年表/楽歴代のプロフィール,他)



■古陶磁ガイド

ほたるの本
はじめての骨董鑑定入門
日本のやきもの

はじめての骨董鑑定入門 ~日本のやきもの (ほたるの本)

新品価格
¥1,944から
(2015/4/3 18:29時点)

世界文化社 2007/05 ●A5判143P
黒田草臣【監修】近代陶芸画廊・しぶや黒田陶苑の当主。数多くの陶芸家の展覧会を企画し、著作も多数。
和田久士【写真】、阿部孝嗣【文】
Check! これだけは知っておきたい鑑定・鑑賞のポイント。窯や時代の違いをビジュアルで解説。
【主な内容】 やきものに秘められている歴史ロマンを楽しむ前に、本物や優品をわかる「鑑定眼」を持つことが必要不可欠となります。はじめての方にもわかりやすく、窯場別比較や焼成方法などの鑑定・鑑賞ポイントを解説します。
【目次抜粋】 ●第1章 やきものの見方(骨董鑑定の基本/陶器と磁器の違い、他) ●第2章 やきものの楽しみ方(茶碗の形による違い/茶碗の窯による違い、他) ●第3章 窯による違いの見方(六古窯の違いの見方/その他の代表的な窯) ●第4章 やきものの選び方 ●第5章 やきものの歴史

とんぼの本
やきもの鑑賞入門

やきもの鑑賞入門 (とんぼの本)

新品価格
¥1,728から
(2015/4/3 18:33時点)

新潮社 1997/01 ●A5判111P
出川直樹【監修】近工芸研究家、古陶磁学者で、著書も多数。
Check! 縄文時代からやきものに親しんできた日本人独自の鑑賞法を、多くの具体例を示しながらやさしく解説。
【主な内容】 遠く縄文時代よりさまざまなやきものと触れ合い、培ってきた日本人独自の美意識-そこから生まれた「土味」「景色」といった鑑賞用語などを通じて、やきものの見方をやさしく解説します。
【目次抜粋】 ●私たちの美意識 ●「鑑賞力」について ●鑑賞の変遷 ●わが国独自の陶磁観ー二つの独創、五つの感性 ●徹底鑑賞五例 ●珍品・稀品の魅惑 ●なぜ「信楽と李朝」か ●鑑賞的に見る各国の陶磁

とんぼの本
やきもの鑑定入門

やきもの鑑定入門 (とんぼの本)

新品価格
¥1,836から
(2015/4/3 18:36時点)

新潮社 1983/10 ●A5判139P
出川直樹【監修】近工芸研究家、古陶磁学者で、著書も多数。
Check! やきものの特徴を、門外漢にもわかりやすいカラー図版入りで詳細に解説している入門書。
【主な内容】 オールカラー、千点の写真で東洋陶磁のすべてがわかるコンパクト辞典。街の小さな骨董店でなにかと迷うときに役に立つ一冊。
【目次抜粋】 ●序章 やきもの鑑定の基礎知識(土器/三彩、他) ●第1章 六古窯(六古窯の壷、他) ●第2章 近世の陶磁器(楽焼/美濃焼、他) ●第3章 明治〜現代の作家(明治〜昭和/大正〜昭和、他)


青幻舎ビジュアル文庫シリーズ
文様別 小皿・手塩皿図鑑
佐賀県立九州陶磁文化館 柴田夫妻コレクション

文様別 小皿・手塩皿図鑑 (青幻舎ビジュアル文庫シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2015/4/3 18:18時点)

青幻舎 2014/05 ●文庫判312P
大橋康二【監修・著】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問(元館長)。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。
Check! 膨大な柴田夫妻コレクションより、小皿・手塩皿906点を厳選し、項目ごとに解説
【主な内容】 江戸時代300年にみる、小皿と手塩皿の意匠の変遷を文様別に紹介。有田磁器収集家である柴田夫婦の1万点を超えるコレクションより、選りすぐりの906点を、文様174種類88項目に分類しています。
【目次抜粋】 ●1 植物 ●2 動物 ●3 人物 ●4 建造物・器物 ●5 自然・風景 ●6 吉祥・幾何・文字

青幻舎ビジュアル文庫シリーズ
文様別 そば猪口図鑑

文様別 そば猪口図鑑

新品価格
¥1,620から
(2015/4/3 21:39時点)

青幻舎 2011/05 ●文庫判320P
大橋康二【監修・著】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問(元館長)。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。
Check! 初心者から、愛好家の方まで、実用・鑑賞ともに楽しめる蕎麦猪口事典。
【主な内容】 文様や技法・形状・銘などの解説を軸に、1000余に及ぶ蕎麦猪口の魅力を紹介。有田・波佐見・鍋島・柿右衛門などの古伊万里を中心に、瀬戸・美濃・砥部・出石・会津本郷なども網羅し、技法や各地の特徴、歴史的背景など、鑑賞が深まる内容です。
【目次抜粋】 ●1 植物 ●2 動物 ●3 人物・故事・行事・建造物 ●4 自然・風景・天体 ●5 宝・器物 ●6 幾何・文字・記号

年代別 蕎麦猪口大事典

年代別 蕎麦猪口大事典

新品価格
¥7,508から
(2015/4/3 21:43時点)

講談社 2009/03 ●A5判405P
大橋康二【監修・著】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問(元館長)。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。
Check! 
愛陶家垂涎の古伊万里「蕎麦猪口」文様集の決定版。
【主な内容】 古陶磁のなかでも、特に愛好家が多いの伊万里そば猪口掲載総数2000点余をオールカラーで掲載。画期的な様式別・年代別順構成で、その魅力を再現しています。巻末に、鑑賞のための充実資料を編成。
【目次抜粋】 ●延宝様式(1670-1690年代)肥前磁器の爛熟期 ●元禄様式(1690-1750年代)印刷装飾法の盛行 ●宝暦様式(1750-1780年代)国内市場の開拓 ●天明様式(1780-1860年代)地方窯との競合 ●明治の様式(1780年代~) ●各地の窯 ●高台付猪口 ●資料編
古伊万里入門 佐賀県立九州陶磁文化館コレクション

古伊万里入門

新品価格
¥1,296から
(2015/4/3 21:46時点)

青幻舎 2007/07 ●文庫判256P
大橋康二【監修・著】佐賀県立九州陶磁文化館特別学芸顧問(元館長)。専門は東洋陶磁史、特に肥前陶器に関する著作多数。
Check! 伊万里の誕生から爛熟期まで。初心者からベテランも楽しめる詳細な解説付。
【主な内容】 佐賀県立九州陶磁文化館「柴田コレクション」ほか貴重な1600年代初期の名品も収載。 初期伊万里から爛熟期まで時代順に解説。1万6千点の館蔵品の中から、優品300点あまりを選び、 時流にあわせ変化した伊万里の魅力を美しいビジュアルで紹介。
【目次抜粋】 ●古伊万里の展開(草創期/寛永期/正保期/寛文期/輸出伊万里/延宝期/元禄期/宝暦期/天明期/化成期) ●古伊万里文様図鑑(古伊万里の文様/植物/動物/人物/風景/建物・器物/幾何/吉祥/文字/唐草文様の変遷) ●暮らしの中の古伊万里(そば猪口/変形小皿/飯碗の変遷/煙草用火入・灰吹)

とんぼの本
古伊万里 磁器のパラダイス

とんぼの本 古伊万里 磁器のパラダイス

新品価格
¥1,512から
(2015/4/3 21:54時点)

新潮社 2009/09 ●A5判127P
青柳恵介【著】成城学園教育研究所、古美術評論家。 
荒川正明【著】出光美術館を経て、学習院大学教授。専門は日本陶磁史。
Check! 博物館級名品から、気軽に買える雑器まで、確かな審美眼で選び抜かれた古伊万里
【主な内容】 日本で初めて肥前有田で焼かれた、多種多様な伊万里焼を網羅。初期伊万里、古九谷、鍋島、柿右衛門、金襴手など、やきもの好きをうならせる名品から普段使いの器まで、伊万里の魅力を知る、見る、使うために格好の一冊。
【目次抜粋】 ●巻頭グラフ:染付 青と白の新世界 ●魅惑の初期伊万里 ●染付磁器ことはじめ ●伊万里に惚れた男たち ●色絵の誕生と古九谷の不思議 ●鍋島・柿右衛門の美ー寛文デザインの魅力に触れる ●伊万里 私の楽しみ方 ●特別紀行 鶴岡へ、伊万里を買いに。

とんぼの本
唐津 やきものルネサンス

〈とんぼの本〉 唐津 やきものルネサンス

新品価格
¥1,404から
(2015/4/3 21:56時点)

新潮社 2004/03 ●A5判127P
青柳恵介【著】古美術評論家  荒川正明【著】日本陶磁史研究家
川瀬敏郎【著】花人  西田宏子【著】東洋陶磁史研究家
Check! 茶人や酒呑の愛してやまない古唐津の美の世界に迫る永久保存版。唐津焼入門、唐津旅ガイドなど。
【主な内容】 茶人や酒呑の愛してやまない古唐津の美の世界を知る、とっておきの一冊。青山二郎が「五指」に数えたぐい呑、花人・川瀬敏郎が「初めて」唐津にいけた花、考古学的知見を盛り込んだ最新の唐津焼入門、唐津旅ガイド等々、盛りだくさんの永久保存版。
【目次抜粋】 ●第1章 古唐津礼讃 ●第2章 唐津が変えた日本のやきもの ●第3章 古唐津に憑かれた男たち ●第4章 知られざる唐津 ●第5章 古陶のふるさとへ

福岡市美術館叢書
筑前高取焼の研究

筑前高取焼の研究 (福岡市美術館叢書)

新品価格
¥4,320から
(2015/4/3 22:01時点)

福岡市文化芸術振興財団 2013/04 ●B5判303P
尾崎直人【著】中国古代中世仏教美術・東南アジア陶磁・日本近世陶磁の研究家。元・福岡市美術館勤務。
Check! 大名茶人・小堀遠州好みの「遠州高取」の名で、現在も人気の高取焼を体系的に検証。
【主な内容】 高取焼の伝世品の精査や、最新の考古学発掘調査・文献史料の分析的考証を行い、謎多い高取焼を包括的に再検証し、いまだ解明されていない高取焼の実像を実証的体系的に提示しています。
【目次抜粋】 ●第1章 高取焼研究史と高取諸窯の活動 ●第2章 内ヶ磯窯をめぐる諸問題 ●第3章 筑前福岡藩主・黒田忠之と高取焼の変容 ●第4章 高取茶入の編年 ●第5章 高取焼と江月宗玩 ●第6章 筑前焼から高取焼へ ●図版篇 福岡市美術館所蔵の高取焼と唐津焼



■『美の壺』シリーズ

NHK美の壺
伊万里焼 色絵

伊万里焼 色絵 (NHK 美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:08時点)

日本放送出版協会 2009/07 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「伊万里」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 やわらかな色彩が放つ気品ある華やぎと洗練―。庶民から王候貴族まで、国内外で人々を魅了してきた佐賀県・伊万里焼の「色絵」。その華麗なる美の世界を紹介しています。
【目次抜粋】 ●壱のツボ 温かい白が色彩をひき立てる ●弐のツボ 華麗な模様に元禄の華やぎ ●参のツボ 食卓に柄を生かす

NHK美の壺
備前焼

備前焼 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:12時点)

日本放送出版協会 2009/07 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「備前焼」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 土そのままに焼き締められた備前焼は、豊かな大地を思わせ、現代の暮らしに自然の息吹を運んでくれるもの。変化に富む「焼き」そして「土味」。岡山県「備前焼」の豊かな魅力に迫ります。
【目次抜粋】 ●「美の壺」を探しに-備前焼 ●須恵器がルーツの素朴な味わい ●土を生かした生活雑器と茶の湯の道具 ●壱のツボ 炎の足跡を見よ ●弐のツボ「強さ」「荒さ」に命あり ●参のツボ 土の声を聴け ●達人のことば 備前-その土味 窯変の妙 ●名品の見られるところ

NHK美の壺
青磁

青磁 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:14時点)

日本放送出版協会 2008/06 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「青磁」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 不思議な青味に漂う豊かな風合い、器が放つ格調高き気品と存在感―。かしこまった席を彩る器として今も親しまれ続ける「青きやきもの」、青磁の深遠なる美を味わいます。
【目次抜粋】 ●1のツボ 雨上がりの空を見よ ●2のツボ 貫入は人知を越えて ●3のツボ 和の洗練を愛でる

NHK美の壺
唐津焼

唐津焼 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:16時点)

日本放送出版協会 2008/02 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「唐津焼」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 ざっくりとした土の質感と絵文様がみせる繊細な筆遣い。粋人から庶民まで万人に愛され続けるやきもの、佐賀県「唐津焼」の魅力に迫ります。
【目次抜粋】 ●「美の壷」を探しに-唐津焼 ●出荷された港が名前の由来 ●種類も作風も多様なやきもの ●1のツボ 堅く締まった土を味わえ ●2のツボ 筆の運びを確かめよ ●3のツボ 肌のとろみに酔いしれよ ●達人のことば 古唐津-その気どらぬ姿、躍動する絵模様 ●名品の見られるところ

NHK美の壺
織部焼

織部焼 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:18時点)

日本放送出版協会 2007/10 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「織部焼」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 鮮やかな緑釉や様々な文様、歪んだフォルム。茶人・古田織部が追い求めた新しい「美」は、桃山という進取の時代の象徴だった…。いまもその輝きを失わない、斬新なやきもの「織部」の魅力に迫ります。
【目次抜粋】 ●「美の壺」を探しに-織部焼 ●料理が引き立つ「モダン」な器 ●四百年前の器革命 ●壱のツボ 緑に「けしき」を見よ ●弐のツボ 「へうげもの」に遊び心あり ●参のツボ 千変万化する文様を味わう ●達人のことば 織部焼-表されたかぶき者の風流精神 ●名品の見られるところ

NHK美の壺
魯山人の器

魯山人の器 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:20時点)

日本放送出版協会 2006/10 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「北大路魯山人」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 「うまいもの」を求め続けた北大路魯山人。彼が目指した「料理と響き合う器」は、どのようにして生まれたのか。センスと技が融合した魯山人の器を堪能するための3つの「ツボ」を紹介。
【目次抜粋】 ●「美の壺」を探しに-魯山人の器 ●魯山人とは何者か-寂しい生い立ち ●美を追究する「目」 ●1のツボ 料理なくして完成せず ●2のツボ 器に書の至芸を見る ●3のツボ 自在な作陶ぶりを味わう ●達人のことば 北大路魯山人の「九つの壺」(黒田和哉) ●名品の見られるところ

NHK美の壺
古伊万里・染付

古伊万里・染付 (NHK美の壺)

新品価格
¥1,026から
(2015/4/3 22:22時点)

日本放送出版協会 2006/09 ●A5判70P
NHK『美の壺』制作班【編】
Check! NHKの人気美術番組『美の壺』の書籍版。実際に使える「古伊万里・染付」鑑賞マニュアル。
【主な内容】 ぽってりとした肌合いの初期伊万里、そして人気の高い唐草文様の器。名もなき工人たちと、幾星霜を超えて現代に伝えた愛好家たちのその心に迫る4つの「ツボ」として紹介。
【目次抜粋】 ●「美の壺」を探しに-古伊万里 ●伊万里のはじまり ●古伊万里と染付 ●1のツボ 初期伊万里は指跡のぬくもり ●2のツボ 青は枯淡を味わえ ●3のツボ 白は濁った米のとぎ汁 ●4のツボ 唐草は線を見よ ●コラム ●染付の技・古伊万里の広がり(大橋康二) ●名品の見られるところ