やきものPLAZA Overseas 海外のやきもの事情

中欧・東欧の陶磁器ブランド

ドイツのマイセンやハンガリーのヘレンドなど、中央および東ヨーロッパのブランド紹介


【カテゴリー:デザイン(チューリップ)】2015年2月17日更新

 マイセンの華「ビンテージフラワー」チューリップ カップ&ソーサー

 春爛漫!チューリップ・デザイン特集その5

 マイセンと言えば、ブルーオニオンや格調高いシノワズリをいエージする人も多いかもしれませんが、フラワーシリーズもファンの多い定番の一つ。代表的なマイセンフラワーの歴史は16世紀に植物園が造られたところまで遡ります。その後もドイツに咲く花々が描かれつづけ、現在のベーシックフラワーは30種以上。日本にも馴染み深い花もたくさんあります。

 このカップのチューリップは、スキャタードフラワー(小花模様)と組み合わせた、華やかなデザインです。花びらのような、金彩を施した口を持つカップと、やや深めのソーサーは、マイセンの定番フォルムです。

 このフラワーシリーズは、他にも野バラやスミレ、水仙など種類もいろいろ。また、ボウルや花瓶などもありますので、集める楽しさもあります。


マイセンのビンテージフラワー

 マイセン(Meissen)は、ドイツが誇る歴史ある名窯です。ヨーロッパで最初に白磁の焼成に成功し、1710年にドレスデン近郊、エルベ川の畔の町マイセンに創業しました。青い双剣のマーク(二振りの剣が交差している、マイセン伝統のもの)で知られています。
 マイセンと言えば、まず第一に「シノワズリ」でしょう。中国の磁器や日本の柿右衛門などに影響を受けた、中国風・東洋風の意匠です。現在でもマイセンの人気シリーズ「ブルーオニオン」は、この代表格。このシノワズリは、陶磁器に止まらず、18世紀のヨーロッパ全体に大流行したデザインとなっています。
 その後、技術が向上するにつれて、ヨーロッパ的な独自性ある意匠が登場してきました。それが、西洋絵画で見られるような写実的な風景画や人物画の意匠。花々や果物、花鳥などのデザインが有名でしょう。中でも、マイセンの「ピンクのバラ」はイメージされる人も多いのではないでしょうか。
 そして、もう一つマイセンで忘れてはならないのが、磁器人形(フィギュリン)。当初は動物から、さらに宮廷や羊飼い。神話など、繊細で美しい人形達が誕生しています。






















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas