やきものPLAZA Overseas 海外のやきもの事情

南欧の陶磁器ブランド

イタリアのジノリ、スペインのリアドロなど、南ヨーロッパのブランド紹介


【カテゴリー:器種(白のスープ皿&カップ)】2015年5月14日更新

 ジノリの定番「ホワイトクリッパー」スーププレート

王道の白シリーズ!白のスープ皿&カップ特集その1

 リチャード・ジノリの「ホワイトクリッパー」シリーズは、19世紀の快速船ティー・クリッパーから名づけられた、カラフルな旗をちらした「クリッパー」シリーズの絵付のないもの。クリッパーの丸みあるエコーシェイプのフォルムの美しさを際立たせる、シンプルな白が高級感があって使いやすく、人気のシリーズとなっています。

 このスーププレートは、径22×高4.5cmのボウルタイプ。スープやリゾットなど、深めの皿が欲しいさまざまな料理に大活躍するでしょう。定番のベッキオ・ホワイトと一味違う、上質なカジュアル感が普段使いにぴったりです。

 他にも、このシリーズはプレートやフルーツソーサーなどが揃っており、シリーズで揃えるもよし、シンプルなので、他の食器との組み合わせを工夫する楽しさもあります。季節に合わせた花模様のカップなどとセットにしても素敵です。


ジノリ のホワイトクリッパー

 リチャード・ジノリ(Richard Ginori)は、イタリア・フィレンツェが誇る名高い名窯です。1735年の創業以来、ジノリはイタリアで現在まで生産を続け、「トスカーナの白い肌」の磁器が高い人気を保っています。創業時は、ジノリ侯爵家のための工房でしたが、他の貴族たちのための食器類を手がけるようになり、現在まで大人気シリーズとして知られているデザインもすでに18世紀には作られています。  リチャード・ジノリと言えば、最古のシリーズにして永遠の定番と言える「ベッキオ・ホワイト」を筆頭に挙げるべきでしょう。ベッキオとはイタリア語で「古い」の意味。白い磁器に優美なフォルムとレリーフが、洋食だけでなく、高級中華などでも使われています。そして、もう一つ名高いのが、「イタリアン・フルーツ」。白い肌に花々とフルーツが散らされた、愛らしくも気品漂うデザインは、現在まで大ベストセラーとなっています。  ジノリは時代に応じて、ロココ、ネオクラシック、アールデコなどの様々な様式の高級食器を発表し続け、現在もイタリアを代表する陶磁器ブランドとして愛されています。






















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas