やきものPLAZA Overseas 海外のやきもの事情

西欧の陶磁器ブランド

イギリスのウェッジウッドやフランスのアビランドなど、西ヨーロッパのブランド紹介


【カテゴリー:デザイン(チューリップ)】2015年2月17日更新

 エインズレイの四季「ティーオブザマンス」3月チューリップ カップ&ソーサー

 春を誘うチューリップ・デザイン特集その2

 エインズレイの「ティーオブザマンス(Tea of the Month)」シリーズは、月々の花を華やかにデザインしたもの。全て揃えると12種類。シリーズはすべてカップ&ソーサーのみです。

 チューリップは3月です。他に1月はパンジー、2月が水仙、4月アイリス、5月プリムローズ、6月ローズ、7月ユリ、8月スウィートピー、9月クリサンセマム、10月ビンカ、11月アネモネ、12月カーネーションとなっています。

 カップのフォルムは、エインズレイを定番シェイプ「アセンズ」。紅茶がきれいに見え、香りが広がるように、口が広がっています。


エインズレイのティーオブザマンス

 エインズレイ(Aynsley)は、産業革命の只中であった1775年に創業したイギリスを代表する名窯です。華やかな花や果物をデザインしたシリーズが、イギリス王室、特にヴィクトリア女王やエリザベスII世女王をはじめとする女性達に愛され続けています。
 エインズレイの白磁は、世界で一番美しいとも言われるファインボーンチャイナ。手描き以外に銅板プリントなども採用しつつも、全工程をハンドメイドで行っています。特に、女性を惹きつける鮮やかな色使いは、色(釉薬)ごとに温度を変えて、何度も窯に入れて焼成するという、こだわりによって実現させています(註:現在は窯業の技術が進歩しているため、同じ温度・1回の焼成で全色を発色させることが可能であり、一般的です)。
 エインズレイを代表するシリーズは、「オーチャードゴールド」という、暖かみのある黄金色の地に、さまざな果物を描いたもの。また、イングランドの国花であるバラを、ジョージ3世の命によりデザインされた「エリザベスローズ」。このシリーズは当時は商品化されませんでしたが、エリザベスII世の即位50周年を記念して復刻しています。
 日本の伊万里焼をイメージしてデザインしたシリーズもあります。それは南ウェールズの地名でもある「ペンブロック」。1970年代に復刻し、現在はエインズレイを代表するシリーズの一つとなっています。






















HOME Get & Use For Collecters Exhibition & Event Journey & Festival Basics & Mania Overseas